ゆとりの空間オフィシャルサイト

オンラインショップ

MENU

HOME > 伝えたいこと > いつもの料理をていねいに

伝えたいこと Special Contents

いつもの料理をていねいに

INDEX

いつもの料理をていねいに

身近な材料でだれでも作れるような料理でも、ここは!というポイントをていねいに作ると、仕上がりが違います。いつも作っている料理も、これから料理を始めるという人も、ていねいに作った「おいしい!」と思える味を覚えておけば、アレンジや工夫などが生まれたりと、料理の幅も広がります。

豚のしょうが焼き

豚のしょうが焼き

<材料 4人分>
豚肩ロース薄切り肉(約3mm厚さのもの)…300g
[A]
しょうゆ…大さじ4
みりん…大さじ3
しょうがのすりおろし…大さじ1
 
サラダ油…適量
キャベツのせん切り…適量
<作り方>
  1. 豚肉は作る前に冷蔵庫から出しておく(a)。
  2. キャベツはせん切りにして氷水に放してからサラダドライヤーなどで水気をよくきり、冷蔵庫に入れて冷やしておく(b)。
    豚のしょうが焼き
    (a)豚肉は程よい脂身のある肩ロースを選ぶと、さっぱりしたしょうが焼きにうまみが加わって、おいしくなります。
    (b)しょうが焼きと相性抜群のキャベツのせん切りは、氷水にさらしてから水気をよくきって冷蔵庫へ。早めに準備して、シャキッとさせましょう。
  3. しょうがは丁寧にすりおろし(c)、しょうゆ、みりんを加えてたれを作る。
  4. 豚肉は焼く直前に1枚ずつ広げて[3]のたれに2~3分ひたす(d)。
    豚のしょうが焼き
    (c)しょうがは強くすりおろすと毛羽立って口当たりが悪くなります。やさしく丁寧にすりおろしましょう。
    (d)たれを用意したら、豚肉を広げて次々に入れ、味をからめます。たれを漬けすぎると肉がかたくなるので、2~3分ですぐ焼くのがポイント。
  5. フライパンに多めのサラダ油を熱し、[4]の豚肉の汁気を軽くきって重ならないように並べ、強火で焼き色が付くまで両面を手早く焼く。何回か焼く場合は、そのつどフライパンをきれいに洗ってから焼く(e)。
  6. キャベツのせん切りを器に盛り、[5]をのせる。あればフライパンに残った汁をかける。
    豚のしょうが焼き
    (e) 油はやや多め、強火で少しこげ色が付くように焼くとおいしい。余分な油が気になれば最後にフライパンを傾けてペーパーで拭き取り、盛り付けて。

ポテトサラダ

ポテトサラダ

<材料 4人分>
じゃがいも…3個(500g)
玉ねぎ…1/4個(50g)
きゅうり…1本
塩…小さじ1/4
ハム…2枚
マヨネーズ…大さじ5
塩・こしょう…各少々
<作り方>
  1. じゃがいもは皮ごとよく洗い、蒸気の上がった蒸し器で十分やわらかくなるまで25~30分蒸す(a)。じゃがいもが熱いうちに皮をむき、木べらなどでつぶす。
  2. きゅうりは3mm幅の小口切りにし(b)、塩を振って約5分おいてしんなりしたら水気を絞る。

    (a)新鮮なじゃがいもを使うとおいしさが違います。皮付きのまま、丸ごと蒸すとホクホクしてうまみも逃げません。
    (b)薄く切りすぎたり、塩をして時間をおきすぎてもペラペラな感じがします。きゅうりの味わいを生かすなら、ふだんより気持ち厚めの3mm幅くらい。
  3. 玉ねぎは薄切りにして2~3分水にさらし(c)、ざるに上げて水気をよくきって軽く絞る。
  4. ハムは半分に切ってから7~8mm幅に切る(d)。

    (c)玉ねぎは独特の辛みを抜くために水にさらしますが、香味まで抜けては台無し。時間は2~3分を目安に水気をきります。
    (d) ポテトサラダの中でハムは味出しのような存在。たくさん入れたらおいしくなるわけではありません。スライスを2枚ほど細切りに。1枚しかなくてもみじん切りにすればなじみます。
  5. [1]のじゃがいもが冷めたらきゅうり、玉ねぎ、ハムを入れ、マヨネーズを加えてさっくりと混ぜ(e)、塩、こしょうで味を調える。

    (e)もう少し、もう少しと足しがちなマヨネーズ。量が増えればマヨネーズ味が勝ってしまいます。マヨネーズを控えめに仕上げると、素朴なおいしさを味わえて食べ飽きません。

作っておくと便利な作り置き調味料

おいしいたれやソースなどの手作り調味料を常備しておけば、忙しいときも慌てずいつもの味を作れるので安心です。調味料をいろいろな料理に使ってみたり、新しい料理を思いつくきっかけにもなります。

作っておくと便利な作り置き調味料

香味じょうゆ

漬けておくだけの簡単な調味料ですが、にんにくの香りがしょうゆに移り、食欲をそそります。炒めものや焼きもの、から揚げの下味にも活躍します。

香味じょうゆ

<材料 作りやすい分量>

にんにく…2~3片(20g) しょうが…1片(30g) しょうゆ…1カップ

<作り方>
  1. にんにく、しょうがは皮をむいて薄切りにする。
  2. [1]をしょうゆに漬けて、冷蔵庫で半日以上おく。

さわやかポン酢

身近な材料とすだちで自家製ポン酢が作れます。しゃぶしゃぶや揚げ物のつけだれはもちろん、サラダにも◎

さわやかポン酢

<材料 作りやすい分量>

みりん…1/4カップ 酒…1/2カップ 薄口しょうゆ…大さじ1 しょうゆ…大さじ1 すだちの絞り汁…大さじ4

<作り方>
  1. 小鍋にみりんと酒を合わせて火にかけ、煮立ったら弱火にして約5分煮詰める。
  2. 火を止め、薄口しょうゆ、しょうゆ、すだちの絞り汁を加えて混ぜる。

カリカリガーリック

パン粉のカリカリ食感に、にんにくとオリーブ油のうまみと風味をプラスした、イタリアンの”おいしい素”。パン粉焼きやシーザーサラダなど、レシピが広がります。

カリカリガーリック

<材料 約1カップ分>

オリーブ油…大さじ2 にんにくのみじん切り…小さじ2 アーモンドダイス…1袋(35g) パン粉(ドライ)…1/2カップ 塩…小さじ1/4

<作り方>
  1. フライパンにオリーブ油大さじ1を熱し、にんにくを炒める。香りが出たら、アーモンドダイスを加え、軽く炒める。さらにオリーブ油大さじ1とパン粉を加え、弱火で少し色付くまでカリカリに炒め、塩を加える。

作り置き調味料レシピ

十香味のたたききゅうり
十香味のたたききゅうり
10種類の材料を合わせて作る十香味は、これだけで本格的な中華レシピが楽しめる、おいしい素。
ささみのひと口から揚げ
ささみのひと口から揚げ
ひと口サイズのナゲット風。片栗粉をたっぷり、少なめの油で空気に触れさせながら揚げるとからりと仕上がります。
トマトのおひたし
トマトのおひたし
湯むきのひと手間でなめらかな、だし味を含んだミニトマト。
カリカリシーザーサラダ
カリカリシーザーサラダ
ふだん余りがちなパン粉を使って作る”カリカリガーリック”があれば、シーザーサラダも気楽に作れます。
いんげんのおひたし、山いものおひたし
いんげんのおひたし、山いものおひたし
だしの風味がきいた、2種類のおひたし。
変わり麻婆豆腐
変わり麻婆豆腐
豆鼓だれを使って作る、いつもとはひと味違う力強い味わいの麻婆豆腐。
レシピ
伝えたいこと
栗原はるみ
栗原心平
ショップ・レストラン
会社案内

Topics | ゆとりの空間メールマガジン
お問い合わせ | プライバシーポリシー | ご利用条件 | English

株式会社ゆとりの空間 COPYRIGHT © 2017 YUTORI NO KUKAN CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED.