まいにち働く「万能鍋」

万能鍋

いろいろな調理に使えて、毎日使いたくなる手軽さ。
「今日は何を作ろうかな」と考える楽しみが生まれます。

商品のポイント

ゆとりの空間の代表アイテム

2013年に発売してから約7年。
ゆとりの空間を代表するアイテムともいえる万能鍋は、
軽くて扱いやすく、煮る、焼くはもちろん、
付け合わせの野菜などを蒸すこともできる、スチームプレート付き。
幅広い調理に使えると、ご好評をいただいている両手鍋です。

フライパンのほかに
もうひとつ鍋を増やすなら

鍋とひと言でいっても、雪平鍋、揚げ鍋、ホーロー鍋、
中華鍋、土鍋など、種類も素材もサイズも様々。
それぞれ料理によって、向き不向きもあります。
しかし、万能鍋はその名の通り“万能”な鍋。
ゆでる、煮る、炒める、焼く、揚げる、蒸す、炊くと、
いろいろな料理で使えることがいちばんの特徴です。
シチューやみそ汁、から揚げ、蒸し野菜、炊き込みごはんなど、
幅広いメニューがこれひとつでかないます。

気軽に鍋ごはん

ごはんを炊くときにも便利な万能鍋。
内側には目盛りもあり、小サイズは最大4合、
大サイズは6合まで炊飯できます。
フッ素樹脂加工を施しているため、土鍋のように炊いたごはんが
こびりついてしまうこともありません。
炊飯器ではなく、ガス火で炊くことで、
お米の対流を促し、よりふっくらとしたごはんが気軽に楽しめます。

軽くて扱いやすい

両手鍋というと、ホーロー鍋など、
なんとなく重たい鍋をイメージしがちですが、
本品は女性でも片手で扱いやすいほどの軽さが特徴です。
汚れも落としやすく、片付けも苦にならないので、
気がつくと毎日の料理に欠かせない存在に。
※画像は万能鍋 (小) マスタードです。

ガス火・IH、どちらも対応

調理法だけでなく、ガス火・IHを選ばない点も
ご好評いただいているポイント。
どちらでも使えるので、引越しなどで
キッチンが変わって使えなくなってしまう心配もありません。
結婚祝いや新生活の贈りものにも安心です。

一緒にレシピをお届けします

ごはんの炊き方をはじめ、煮る、蒸すなど、
それぞれの調理法を活かしたレシピを一緒にお届けします。
届いたその日から、万能鍋で料理をお楽しみください。

大と小の2サイズ、暮らしに合わせて

万能鍋は大と小の2サイズ。
4人家族以上の大人数であれば、よりたくさん作れる大サイズを、
夫婦ふたり暮らしや3人家族には、汎用性の高い小サイズなど、
暮らしに合わせてお選びいただけます。
さらに、大サイズはネイビー、レッドの2色、
小サイズはネイビー、レッド、マスタードの3色をご用意しました。

6合炊飯までOK。蒸し器付きの両手鍋

栗原はるみ/IH対応 万能鍋 (大) ネイビー 蒸し器付

商品コード: LYO-0481  
ポイント: 100 Pt

販売価格 11,000 円(税込)

  • 数量
  • 商品コード: LYO-0481  
    ポイント: 100 Pt

    販売価格 11,000 円(税込)

     ●送料について  ●梱包について  ●返品について
     ●フレッツ光クーポンについて

    商品スペック
    ブランド share with Kurihara harumi
    サイズ 径24.7(持ち手含む幅30.0)×高19.5cm、蒸し器/径20.5cm×高7cm
    重量 1711g
    容量 4800ml
    素材 本体/アルミニウム合金(内面:フッ素樹脂加工) 、 フタ/アルミニウム合金 、 ツマミ/フェノール樹脂(カバー:シリコン樹脂) 、 スチームプレート/ステンレス鋼
    原産国 中国
    加熱機器使用可否 レンジ : ×
    オーブン : ○
    直火 : ○
    IH : ○
    食洗機 : ×
    ※電子レンジは1000W以下、オーブンは250℃以下での使用可否表示
    備考 オーブンでご使用の際は蓋は外してください。 IH対応ですが、揚げ物調理の際はIH調理器に付属の鍋のご使用をおすすめいたします。

    「share with Kurihara harumi」というブランドは、皆さまに愛される、楽しい暮らしを創造するブランドを目指しています。
    share withには、みなさまと色々なことを共有し、分かち合いたいという想いが込められています。
    share with Kurihara harumiの目的は、家族の絆から生まれる皆さまの幸せをそっとお手伝いすることであると思っています。
    お店に来ていただいたときに、ほんの少しでも新しい発見があったり、幸せな気持ちになって頂けたらとてもうれしく思います。

    こちらも読んでみる

    こちらも読んでみる

    お買いもの
    ゆとりの空間とは