HOME ギフト・ブライダル・名入れ > 【栗原はるみ/洋食器/セット】 水切り付きリムトレー

定番で人気のシンプル長角皿 網付き

【栗原はるみ/洋食器/セット】 水切り付きリムトレー

商品コード: GIF-0006  
ポイント: 37 Pt

販売価格(税込) 3,780

  • 数量

商品コード: GIF-0006  
ポイント: 37 Pt

販売価格(税込) 3,780

 ●送料について  ●梱包について  ●返品について
 ●フレッツ光クーポンについて

シンプルな白い長角皿に網をセットした大人気のリムトレー。

「キッチンで使う台所道具をそのまま食卓で器としても使えたら…」
そんなアイディアから生まれた網つきのリムトレーは、栗原はるみも10年以上愛用している、キッチンの必需品。

和食、洋食を問わないシンプルなデザインなので、毎日の食卓にどうぞ。

天ぷらやフライは揚げたてをそのまま食卓へ。
豆腐などの水切りはもちろん、焼きたてのケーキやクッキーのクーラーとしても。
網を外せば、深さを生かして汁気のあるおかずを盛りつけたり、オーブンでも使える耐熱皿なのでグラタンを焼いてもよし。

水切り・油切り以外にも、大皿として、バットとして、色々に重宝する定番アイテムです。
ギフトにもおすすめ。
商品詳細

発売からおよそ15年。 長くご好評いただいているロングセラーの大皿「リムトレー」。
キッチンで使う「調理道具」と食卓で使う「食器」、そのふたつを兼ね備えた器があったら料理がもっと楽しくなるのでは、そんな想いで作った「調理食器」シリーズのひとつで、栗原はるみの象徴的なアイテムです。

天ぷらやフライは揚げたてをそのまま食卓へ出せば、洗いものが一つ減って重宝します。

料理はもちろんデザートやお菓子にと、幅広く活躍する一枚。
結婚祝いでもらった、という方や、逆に結婚のプレゼントに選んだ、というお声も多い定番の器です。

揚げもの料理以外にも、豆腐などの水切り、焼きたてのケーキやクッキーのクーラーとしたり、網を外してメイン料理の盛り皿としても便利なサイズ。

電子レンジやオーブンでも使える耐熱皿なので、グラタンなどグリル料理に使ったり、深さを生かして汁気のあるおかずの盛り皿としても活躍します。

おもてなしのときは、器に花を浮かべ、お箸をいくつか並べて、ゲストの方に選んでもらうスタイルはいかがですか。

使い方はアイデア次第で料理以外にも広がります。
一枚あると毎日の食卓が楽しくなりますよ。

黒と白、2色そろえてシックなコーディネイトにしても◎(各カラー別売り、本品は白)

このアイテムを使ったレシピ

[洋風レシピ] 母ドーナッツ

母ドーナッツ

材料 (リング型、ボール型 各8個分)

卵 2個  砂糖 80g  牛乳 60ml  バター 大さじ3  薄力粉 250g  ベーキングパウダー 小さじ2  塩 少々  砂糖(仕上げ用) 適宜

作り方

  • バターは溶かしバターにする。
  • ボウルに卵を割り入れ、泡立て器で溶きほぐし、砂糖を加え混ぜる。
  • 2 に牛乳と溶かしバターを加え、さらによく混ぜる。
  • 薄力粉、ベーキングパウダー、塩を合わせて 3 のボウルにふるい入れ、ゴムベラで全体がなめらかになるまで混ぜる。
  • 打ち粉(分量外)をふったクッキングペーパーの上に 4 の生地を出して手で平らに広げ、ふわっとラップをかけて冷蔵庫でしばらく休ませる。
  • 5 をさらに手で広げるようにのばし、抜き型に1回ごとに粉をつけながら抜く。
  • 揚げ油を弱めの中温で熱して入れ、焦げないように返しながらこんがりと揚げ、中まで火を通す。
  • 揚げたてに砂糖をまぶし、器に盛る。
商品スペック
ブランド share with Kurihara harumi
内容 トレー×1 、 水切り網×1
サイズ トレー/(本体)31cm×21cm×高3.5cm 、 網/23×12.5cm
素材 トレー/磁器 、 網/18-8ステンレス
原産国 日本
加熱機器使用可否 レンジ : ○
オーブン : ○
直火 : ×
IH : ×
食洗機 : ○
※電子レンジは1000W以下、オーブンは250℃以下での使用可否表示
備考 加熱機器使用可否表示はトレーについての表示です。
トレーを電子レンジ、オーブンでご使用頂く際は網は外してください。
網は食洗機のみご使用いただけます。

「share with Kurihara harumi」というブランドは、皆さまに愛される、楽しい暮らしを創造するブランドを目指しています。
share withには、みなさまと色々なことを共有し、分かち合いたいという想いが込められています。
share with Kurihara harumiの目的は、家族の絆から生まれる皆さまの幸せをそっとお手伝いすることであると思っています。
お店に来ていただいたときに、ほんの少しでも新しい発見があったり、幸せな気持ちになって頂けたらとてもうれしく思います。

こちらも読んでみる

こちらも読んでみる