shimpei kurihara 栗原心平オフィシャルサイト



初夏の青森県を巡る旅 [その2]

ブログ青森旅

■小川原湖漁業協同組合(モクズガニ・ヤマトシジミ・しらうお)

続いて二軒目にお伺いしたのは青森県東北町にある小川原湖漁業協同組合さんです。
車を降りると目の前には雄大な青森県最大の湖、小川原湖が広がっていて、テンション上がっちゃう栗原です。


aomori_01


迎えてくださったのは、小川原湖漁業協同組合の細井崇さんです。
小川原湖は八甲田山から流れ込むミネラル豊富な淡水と、太平洋から入り込む海水が混じり合う「汽水湖」。多種多様な水産物を育む「宝の湖」として、地域の食と生活を支えてきた、と細井さん。


aomori_02
左から、栗原心平、細井崇さん


さっそく、その「宝の湖」で獲れた水産物をいただきます!
料理してくださったのは、小川原湖漁業協同組合の沼田美喜さん。手際よく料理を振る舞ってくださいました。

まずいただいたのは地域を代表する水産物のひとつ、モクズガニを使ったガニ汁です。モクズガニとは濃厚な味噌と甘い身が特徴の上海ガニの近縁種で、近年は獲れる量が激減し「幻のカニ」と言われているそう。小川原湖漁業協同組合では安定したモクズガニの生産に向けて、地道な努力を重ねているとのことでした。ガニ汁はそのモクズガニを丸ごとすり潰したエキスで作る、地域を代表するソウルフードなのだそうです。


aomori_03
小川原湖漁業協同組合の沼田美喜さん。お肌がツヤツヤ!秘訣を伺うと「毎日シジミ食べてるからかなぁ~♪」


aomori_04


モクズガニを潰して濾したエキスを鍋に入れ加熱すると、だんだんフワフワとしたまとまりができてきます。酒、醤油でシンプルに味付けし、ニラを加えて完成です。家庭によって味噌味だったり、豆腐を加えたりと、それぞれの味があるそうです。


aomori_05
「おおお!うまーい!これは上品な旨味ですね!」、「濃厚だからクリームを使った料理にも合いそうだね!」と、大絶賛の栗原です。


ガニ汁の他にも大粒のヤマトシジミを使った、絶品のしじみ汁と酒蒸しもいただき大満足!最後には、しらうおの刺身もいただきましたが、甘みとほろ苦さのバランスがたまらない一品で、お腹いっぱい小川原湖の水産物を堪能させていただきました。


aomori_06
©小川原湖漁業協同組合


小川原湖漁業協同組合は、全国でもいち早くしじみ漁にトレーサビリティ体制を整備するなど、新鮮で安全・安心な水産物の提供に日々取り組まれているとのこと。これからも全国の皆さんに小川原湖のおいしい水産物をお届けできるようにがんばります!と力強く語ってくださいました。

※トレーサビリティ…食品の安全を確保するために、原材料から加工・製造・流通などの情報を追跡できる仕組み。

貴重な食材をたくさんごちそうさまでした!




<生産者情報>
小川原湖漁業協同組合 細井崇さん、沼田美喜さん
〒039-2406 青森県上北郡東北町旭北4丁目31-662
TEL:0176-56-2104 
FAX:0176-56-5515
HP:http://www.jf-ogawarako.com/index.php




<番外編>
こちらで1日目の生産者さんを訪ねるスケジュールは終了です。ここからは三沢市のディープなスポットを堪能する時間がはじまります♪

まずお伺いしたのは、知る人ぞ知る唐揚げの名店「から揚げ 人生(じんせい)」さんです。県庁の松尾さんが「どうしても栗原さんに食べて欲しかった!」と連れて行ってくださいました。


aomori_07


こちらのお店は飲みもの以外のメニューは唐揚げのみ!さっそく、唐揚げとビールを注文します。


aomori_08
「ドーーーン!」


まずその迫力に一同歓声をあげます!大人の拳ほどの大きさのモモ肉とムネ肉のセットは、揚げたてでとってもおいしそう。あつあつの唐揚げにガブッとかぶりつくと、醤油ベースで味付けされた皮はパリッと香ばしく、中からは肉汁がジュワ~!


aomori_09
「熱―っ!…おぉ~これはうまい!!」「ビールが進む~~!」


あっという間に全員が完食です。でも夜はこれから…と胃袋の心配をしていると、店主のお母さんが「あなたどっかで見たことあるのよ~」と話し掛けてくださいました。栗原はありがとうございます!とお礼を言ってお店を出たところで、「あー!栗原さんでしょ!?思い出した!」と、外まで出てきてくださいました。あたたかいお声掛けと、とってもおいしい唐揚げをありがとうございました!


aomori_10




<店舗情報>
から揚げ 人生 (じんせい)
〒033-0012 青森県三沢市平畑1-2-60
TEL:0176-53-5412




そして、青森県三沢市には日本最北端の在日米軍基地があり、レストランやバーにも独特の雰囲気のあるお店が点在しています。そんな三沢市のバー巡りをガイドしてくださったのが、三沢ナイトホッパーズのDODOさん、NAOさん、贋田さんです。


aomori_11
左から三沢ナイトホッパーズのDODOさん、NAOさん、贋田さん


三沢ナイトホッパーズとは、初めて訪れる人には何となく入りづらい雰囲気のバーを、一緒に巡って三沢の夜をもっと身近に楽しんでもらいたい!という思いで発足したガイド集団です。バーを跳ねる(Hopping)ように次々と巡ることを「バーホッピング」と呼ぶことが、ナイトホッパーズの由来だそうです。

ではここから三沢の夜を満喫する、とても楽しそうな栗原の様子をダイジェスト版でお届けします。


aomori_12


この次の日は、朝採り野菜の生産者さんに伺う予定のため、早朝2時50分集合なのですが…、大丈夫でしょうか?スタッフの心配をよそに三沢での夜は更けていきました…。




「初夏の青森県を巡る旅 」次回につづく…>>




★青森を巡る旅、第1弾で訪れ、出合ったおいしいものの中から一部、ゆとりの空間オンラインショップでも、ご紹介させていただけることになりました!
オンラインショップ「栗原心平の青森おすすめ食材」はこちら

aomori_banner_idea1


▼栗原心平の青森シリーズ!まとめはこちら!
★第1弾まとめ『青森県の生産者さんとおいしい食材を巡る旅』
★第2弾まとめ『青森県の郷土料理と食材を巡る旅』
★第3弾まとめ『初夏の青森県を巡る旅』


2017.07.11(火)