• LINE
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • 栗原はるみ情報
  • 栗原心平情報

心を込めて作った料理は、おいしいできたてを食べてもらいたいもの。今回はキッチンで調理をして、揚げたて、炊きたて、焼きたてをそのまま食卓で楽しめる、3つのアイテムをご紹介します。

揚げたて

揚げたてのフライは、口に入れたときのサクサク感がおいしい。網付きのラウンドリムプレートに盛りつければ、コロッケがサクッと仕上がります。
揚げたてのフライをお皿に盛りつけると、熱や油でフライがしんなりとしてしまうことはありませんか。網付きのプレートは、熱がこもらず油も落とすので、揚げものをよりおいしく味わえます。盛りつけの器としてはもちろん、調理中はフライの油切りとしても使えます。
丸い形のリムプレートは、人気の「水切り付きリムトレー」の新しい形。これまでの四角いリムトレーよりも軽く、気軽に使えるので、少量の揚げものを楽しみたいときに便利です。丸いうつわに、丸い小さなコロッケを盛りつければかわいらしく、おもてなしにもぴったりです。

炊きたて

秋はごはんがおいしい季節。特に、土鍋で炊いたごはんのおいしさは格別です。ごはん鍋を使えば、旬の食材を使った、この時期ならではの炊きたてごはんを楽しめます。
土鍋でお米を炊くとき、難しいのが炊き加減。硬かったり、やわらかすぎたりと、炊きむらができてしまうことはありませんか。ごはん鍋は、一般的な土鍋より、丸い形をしているので、鍋の中でお米がよく動き、包み込むように熱を加えるので、むらなくおいしいごはんが炊けます。
ごはんが炊き上がったら、鍋のまま食卓へ。コロンとしたかわいらしい形のごはん鍋は、そのまま食卓に出しても、なじみやすいデザインです。鍋は厚手なので保温性が高く、温度が下がりにくいので、長く温かいごはんを楽しむことができます。

焼きたて

焼きたてあつあつのグリルチキンは、見ているだけで食欲をそそります。見た目にも豪華なごちそうは、今日のごはんの主役です。
チキンは、オーブンで焼くと、皮目はパリッと、中はふっくらジューシーに仕上がります。ミニグリルパンに、肉や野菜を盛りつけてオーブンで焼けば、簡単にごちそうのでき上がり。専用の網を取り付けて焼けば、余分な油が落ちるので、よりおいしくいただけます。
小さな持ち手のミニグリルパンは、そのままテーブルに置いても邪魔にならず、いつもの食卓もちょっと豪華な雰囲気に。うつわに盛りつける手間も省けて、料理も冷めにくく、できたてあつあつを楽しめます。

\できたて料理を楽しめるセット/

できたてを食卓で楽しめる、4つのセットをご用意しました。料理ができたら、そのまま食卓に並べて楽しんで。