• LINE
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • 栗原はるみ情報
  • 栗原心平情報

にんじんのビスマルク風

3
手早くできて、ちょっとおしゃれなにんじんの前菜です。ビスマルク風とは、目玉焼きをのせる料理のこと。
くずした卵とパルメザンチーズがからんで、クセになるおいしさです。
関連キーワード
前菜
レシピカテゴリ
定番野菜
料理種類
洋風のサラダ
食材
定番野菜
にんじん
チーズ

材料(2人分)

  • にんじん…1/2本(150g)
  • 卵…1個
  • オリーブ油…適量
  • 塩・こしょう…各少々
  • パルメザンチーズ…適量
  • 粗びきこしょう…適量

作り方

  • 1
    にんじんは皮をむいて5~6cm長さの細いせん切りにする。
  • 2
    フライパンにオリーブ油を熱し、強火でにんじんをさっと炒め、軽く塩、こしょうをして器に盛る。
  • 3
    同じフライパンにオリーブ油を熱して卵を割り入れ、目玉焼きを半熟状に焼いて[2]のにんじんの上にのせる。
  • 4
    熱いうちにパルメザンチーズをたっぷりおろしかけ、粗びきこしょうを振り、目玉焼きをくずして混ぜながらいただく。