• LINE
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • 栗原はるみ情報
  • 栗原心平情報

ゴーヤの甘酢あえ

2
ゴーヤは夏の元気のもと。塩昆布と削りガツオを加えると苦みも抑えられ、うまみが増して食べやすくなります。
この甘酢は材料を混ぜるだけのシンプルなものなので、あと1品欲しいときや常備菜作りに役立ちます。
関連キーワード
甘酢
常備菜
手軽
夏野菜
レシピカテゴリ
旬野菜
料理種類
サラダ・マリネ
食材
旬野菜(春・夏)
ゴーヤ
昆布

材料(4人分)

  • ゴーヤ…2本(600g)
  • 塩…小さじ2
  • 甘酢(下記)…1カップ
  • 塩昆布…10g
  • 削りガツオ…適宜

  • [甘酢](作りやすい分量)
  • 酢…2カップ
  • 砂糖…70~80g
  • 塩…小さじ1

作り方

  • 1
    甘酢を作る。調味料をボウルに入れ、砂糖と塩が溶けるまで混ぜ合わせる。※容器に入れ、冷蔵庫で2~3週間保存可能。
  • 2
    ゴーヤの甘酢あえを作る。ゴーヤは縦半分に切って種とワタを取り、2~3mmの斜め薄切りにする。ボウルに入れて塩をまぶし、約10分おいてしんなりしたら水にさらしてキッチンペーパーで水気をよく絞る。
  • 3
    ゴーヤに分量の甘酢を入れてあえ、塩昆布を加えて混ぜる。
  • 4
    器に盛り、食べる前に削りガツオをたっぷりのせる。※削りガツオは直前に電子レンジの弱にかけて、パリッと香りよくします。