• LINE
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • 栗原はるみ情報
  • 栗原心平情報

塩もみ白菜と鶏肉の餃子

0
冷蔵庫に塩もみ白菜があれば、ひき肉と餃子の皮だけ買ってくればすぐ完成。
あえて鶏肉でさっぱり味に。塩もみ白菜は、刻んだ白菜を塩でもんで漬け、水気をよく絞ったもので、白菜のうまみが凝縮します。そのままおひたしにしたり、チャーハンに加えても◎
関連キーワード
餃子
塩もみ白菜
常備菜
レシピカテゴリ
ひき肉
食材
旬野菜(秋・冬)
白菜
ひき肉

材料(約24個分)

  • [塩もみ白菜]
  • 白菜…500g
  • 塩…大さじ1

  • 鶏ひき肉…150g
  • にんにく…小1片
  • しょうが…小1片
  • 塩・こしょう…各少々

  • [A]
  • 顆粒鶏ガラスープ…小さじ1/2
  • ごま油…小さじ2
  • 紹興酒…小さじ1

  • 餃子の皮…1袋

  • [B]
  • 水…1/2カップ
  • 薄力粉…小さじ1

  • サラダ油…適量
  • ごま油…適量

  • しょうゆ…適宜
  • 酢…適宜
  • ラー油…適宜

作り方

  • 1
    塩もみ白菜を作る。白菜は洗って水気を拭き、1cm角に切る。ボウルに入れて塩を全体にまぶし、漬けもの容器などに移してしっかり重しをし、半日~ひと晩おく。白菜をざるに上げて水気をきり、さらしなどに包んでかたく絞る(絞ったあとは約200gになる)。
  • 2
    にんにく、しょうがは細かいみじん切りにする。
  • 3
    小さな器に[A]を混ぜ合わせておく。
  • 4
    ボウルに鶏ひき肉を入れ、[2]と[3]、塩、こしょうを加えてよく混ぜ、[1]の白菜を加えて混ぜる。
  • 5
    餃子の皮に[4]を等分してのせ、周囲に水少々をつけてひだを寄せながら閉じ合わせて包む。
  • 6
    [B]の分量の水に薄力粉を加えてよく混ぜておく。
  • 7
    小さめのフライパンにサラダ油を熱し、半量の餃子を並べて少し焼く。フライパンの縁から[6]の半量をまわし入れ、蓋をして弱めの中火で3~4分蒸し焼きにする。水分がほとんどなくなったら蓋をはずしてごま油をまわしかけ、表面がカリッとするまで焼く。
  • 8
    [7]を器に返して盛り、残りの餃子も同様に焼く。
  • 9
    熱いうちにラー油酢じょうゆなどをつけていただく。