• LINE
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • 栗原はるみ情報
  • 栗原心平情報

ホタテと大根の餃子

1
大根のやさしい味にホタテのうまみがよくなじんでいます。
まんじゅう形に包むと、焼き上がりが小籠包みたいでかわいらしい!
関連キーワード
ホタテ
餃子
点心
中華
レシピカテゴリ
旬野菜
食材
旬野菜(秋・冬)
大根
パクチー
魚介
貝類

材料(25個分)

  • 大根…1/4本(400g)
  • せり…正味30g
  • ホタテ貝柱…200g(10個)

  • [A]
  • しょうがの絞り汁…小さじ1
  • 紹興酒…小さじ1
  • ごま油…小さじ1
  • 顆粒鶏がらスープ…小さじ2

  • 片栗粉…大さじ1
  • 塩…少々
  • こしょう…少々

  • 餃子の皮(大判)…1袋(25枚)
  • サラダ油…適量
  • ごま油…適量
  • 水…適量
  • パクチー…適宜
  • しょうがのせん切り…適宜
  • 黒酢…適宜
  • ラー油…適宜
  • 酢じょうゆ…適宜

作り方

  • 1
    大根は5~6cm長さのせん切りにして熱湯で3~4分ゆで、冷水にさらしてざるに上げる。さらしなどで水気をしっかりと絞り、みじん切りにする。
  • 2
    せりはみじん切りにする。
  • 3
    [A]を合わせてよく混ぜる。
  • 4
    ホタテ貝柱は刻んでからたたき、ボウルに入れ、[3]を加えてよく練り混ぜる。もう一度水気を絞った大根とせりを加えてさらによく混ぜ、片栗粉を加え混ぜて、塩、こしょうで味を調える。
  • 5
    餃子の皮に[4]のたねをのせて軽く閉じ、丸くしてひだを寄せて包む。閉じ目はねじってしっかりつけ、先端を少し開いて押さえ、皮の厚みをならす。
  • 6
    フライパンにサラダ油少々を熱し、半量の餃子を、閉じ目を下にして並べ入れて焼く。焼き色がついたら水1/4カップを縁から注ぎ入れ、蓋をして弱めの中火で5~6分焼く。蓋をはずし、水分が蒸発したら裏返してごま油を回しかけ、カリッと焼く。残りも同様に焼く。
  • 7
    器に盛り、好みで香菜、しょうがのせん切りを添え、黒酢、ラー油、酢じょうゆをつけていただく。