• LINE
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • 栗原はるみ情報
  • 栗原心平情報

フロマージュブランとセミドライトマト

1
もともと味の濃いミニトマトをセミドライにして甘みや酸味をぎゅっと凝縮させました。
乾燥には低温のオーブンを使うと手軽で安定した仕上がりに。トマトの切り口が乾き、全体にやわらかさが残るくらいが目安です。自家製のフロマージュブランに添えれば、レストランの前菜みたいに。
関連キーワード
ミニトマト
ドライ
前菜
おつまみ
レシピカテゴリ
旬野菜
料理種類
サラダ・マリネ
洋風のサラダ
食材
旬野菜(春・夏)
トマト
レモン
乳製品
牛乳
生クリーム

材料(作りやすい分量)

  • [セミドライトマトのオイル漬け]
  • ミニトマト(ミディ)…2パック(400g)
  • オリーブ油…適量

  • [自家製フロマージュブラン]
  • 牛乳…2カップ
  • レモン汁…大さじ1
  • 塩…少々
  • 生クリーム…大さじ2

  • 塩・こしょう…各少々

作り方

  • 1
    セミドライトマトのオイル漬けを作る。オーブンは120℃に予熱しておく。
  • 2
    ミニトマトは洗ってへたを取り、横半分に切って切り口の水気をペーパータオルで拭く。
  • 3
    天板にクッキングシートを敷き、トマトの切り口を上にして並べ、約40~50分焼く。
  • 4
    トマトが冷めたら保存容器に入れ、かぶるまでオリーブ油を注いで冷蔵庫で保存する。
  • 5
    自家製フロマージュブランを作る。小鍋に牛乳を入れて弱火にかけ、沸騰直前でレモン汁、塩を加えてゆっくり混ぜて火を止める。
  • 6
    ざるにペーパータオルを敷いて[5]をこす。約5分おいて水気がきれたらボウルに移す。冷めたら生クリームを加え、泡立て器でなめらかになるまでよく混ぜて、冷蔵庫で冷やす。
  • 7
    器にフロマージュブランを盛り、塩、こしょう、セミドライトマトのオリーブ油を回しかける。