• LINE
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • 栗原はるみ情報
  • 栗原心平情報

里いもの煮しめ

1
きちんと面取りした里いもを薄口だれで煮ると、いつもの煮ころがしとは違うごちそうになります。
ゆずの皮の黄色と香りを効かせて。
関連キーワード
煮もの
おせち
レシピカテゴリ
旬野菜
食材
旬野菜(秋・冬)
里いも
ゆず

材料(作りやすい分量)

  • 里いも…小16個(正味420g ※皮付きで650g)

  • 薄口煮ものだれ(下記)…1と1/2カップ
  • ゆずの皮…適量

  • [薄口煮ものだれ](作りやすい分量)
  • だし汁…2カップ
  • 砂糖…大さじ2
  • 薄口しょうゆ…大さじ1
  • 酒…大さじ1
  • みりん…大さじ1
  • 塩…小さじ1/2

作り方

  • 1
    だし汁に調味料を加えてよく混ぜ合わせ、薄口煮ものだれを作る。
  • 2
    里いもは洗って皮をむき、水にさらして水気をよくきり、鍋に入れてかぶるまで水を加えて火にかける。煮立ったら中火にして4~5分、竹串がすっと刺せるくらいにやわらかくなるまで下ゆでし、洗ってぬめりを取る。
  • 3
    きれいにした鍋に里いもを重ならないように並べ、分量の薄口煮ものだれを加えて火にかけ、煮立ったら落とし蓋をして弱めの中火で煮汁が少なくなるまで12~15分煮て火を止め、そのままおいて味を含ませる。
  • 4
    器に盛り、ゆずの皮をおろしかける。