• LINE
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • 栗原はるみ情報
  • 栗原心平情報

エクレア

10
細長く焼いたシュー皮の中に、ほろ苦いビターチョコを混ぜたカスタードクリームをたっぷり。
香ばしいシュー皮にコーティングしたチョコレート、さっぱりとした甘さのチョコカスタードクリーム、3つのバランスが最高です。
関連キーワード
おやつ
おもてなし
手土産
レシピカテゴリ
シュークリーム・エクレア・クレープ
料理種類
お菓子・デザート
シュークリーム・エクレア・クレープ
チョコレートのおかし
食材
乳製品
牛乳
バター

材料(10~12個分)

  • [シュー生地]
  • 薄力粉…60g
  • バター(食塩不使用)…40g
  • グラニュー糖…2g
  • 塩…少々
  • 水…1/2カップ
  • 卵…2個(100g)
  •  
  • [チョコカスタードクリーム](作りやすい分量)
  • 卵黄…3個分
  • グラニュー糖…30g
  • 薄力粉…大さじ3(27g)
  • 牛乳…2カップ
  • ビターチョコレート…100g
  •  
  • チョコレート…適量

作り方

【下準備】
・オーブンは200℃に予熱する。
・薄力粉はふるっておく。
・バターは1cm角に切り、室温に戻す。
・卵はボウルに割り入れ、よく溶きほぐす。
・絞り袋に丸型の口金を準備する。
  • 1
    シュー生地を作る。鍋にバター、グラニュー糖、塩、水を入れて火にかける。バターが完全に溶けたらしっかりと沸騰させて火を止める。
  • 2
    ①に薄力粉を一度に加え、ゴムべらまたは木べらで手早く混ぜる。ひとまとまりになったら再び中火にかけ、常に混ぜながら鍋底に薄い膜が張るようになるまで加熱する。火を止め、手早くボウルに移す。
  • 3
    ②に溶きほぐした卵を1/3量加え、ゴムべらでしっかり混ぜて生地を切りほぐすようになじませ、残りの卵を少しずつ加えて混ぜる。生地をすうとゴムべらから生地がゆっくりと落ちて逆三角形になるくらいが、でき上がりの目安。溶き卵は加減しながら加え、少し残す(生地がやわらかくなりすぎないように注意する)。
  • 4
    絞り袋に生地を入れ、生地が温かいうちにクッキングペーパーを敷いた天板に8~10cm長さの棒状に絞り出す。③で残した溶き卵を刷毛で表面に塗る。
  • 5
    予熱200℃で温めたオーブンを190℃にセットし、約30分焼く。焼き上がるまでオーブンを開けないこと。焼き上がったらしばらくそのままオーブンの中におき、取り出して網にのせて冷ます。
  • 6
    チョコカスタードクリームを作る。鍋に牛乳を入れて火にかけ、煮立つ直前まで温める。
  • 7
    ボウルに卵黄を入れ、グラニュー糖を加えて泡立て器でよく混ぜる。薄力粉をふるい入れ、粉気がなくなるまでさらによく混ぜる。
  • 8
    ⑦に温めた牛乳を少しずつ加えてよく混ぜ、ざるでこして鍋に入れる。
  • 9
    ⑧を弱火にかけ、泡立て器で鍋底を常に混ぜながら加熱する。まわりがふつふつしてとろみがつき、泡立て器の筋が残るくらいのかたさになったら火を止め、刻んだビターチョコレートを加えて溶かす。粗熱を取って冷蔵庫で冷やす(または氷水で冷やす)。
  • 10
    シュー生地を横半分に切り、下皮にチョコカスタードクリームをのせる。湯せんで溶かしたチョコレート適量を上面につけて冷まし、サンドする。
    ※シュー皮の表面はチョコでコーティングしたもの、してないもの、お好みでどうぞ。