• LINE
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • 栗原はるみ情報
  • 栗原心平情報

こねないスティックパン

18
こねないパンの生地で作るスティックパンは、短い時間で焼けるので気楽です。長さや太さがいろいろあると楽しい。
パンに切り込みを入れ、好きな具をはさんでいただくサンドイッチビュッフェもおすすめです。
関連キーワード
こねないパン
朝ごはん
レシピカテゴリ
パン・ピザ・キッシュ

材料(プレーン12本分)

  • 強力粉(カメリア)…300g
  • インスタントドライイースト…小さじ1
  • 砂糖…小さじ2
  • 塩…小さじ1/2
  • 水(25℃前後のもの)…200ml

作り方

  • 1
    ボウルに強力粉を入れ、ドライイーストと塩が重ならないようにのせ、砂糖も入れてよく混ぜる。水を加え、木べらで粉気がなくなるまでよく混ぜ、ひとつにまとめてラップをし、約2時間おいて発酵させる。もとの大きさのおよそ2倍に膨らむまでが目安(一次発酵)。
    ポイント
    冬場など気温の低い時期は、発酵に時間がかかるので、オーブンの発酵機能(30~35℃)で発酵させてもよい。
    朝食用に焼くときは、冷蔵庫にひと晩おいて発酵させても◎
  • 2
    生地が膨らんだら生地とボウルの間に打ち粉(強力粉・分量外)をして、カードで縁から生地を取り出してひとつにまとめ、打ち粉を足しながら両手で生地を引っ張るように丸め、何度か繰り返してガス抜きする。なめらかにしながら丸く形を整えて下の部分をしっかり閉じ、ボウルに戻してラップをし、さらに約1時間おいて発酵させる(二次発酵)。
  • 3
    天板にクッキングペーパーを敷いておく。②の生地を12等分して15~20cm長さの棒状に形を整える。クッキングペーパーに折り目をつけて仕切りを作りながら天板に並べる(いろいろな長さ、太さがあってよい)。さらにそのまま10~15分おいて発酵させる(三次発酵)。
    221515
  • 4
    オーブンを200℃に予熱しておく。
  • 5
    ③をオーブンに入れ、15~20分焼く。焼き色がついたら取り出して網の上で粗熱を取る。サンドイッチにする場合は、冷めたら縦に切り込みを入れる。
※【こねないスティックパン(くるみ&レーズン)】の作り方
上記のプレーンを参照し、作り方①でボウルに生地の材料を混ぜる際に、くるみ(ローストして刻んだもの)70g、レーズン70gを加えて以下、同様に作る。