• LINE
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • 栗原はるみ情報
  • 栗原心平情報

卵だけのカルボナーラ

4
卵一個で作る、素朴でシンプルなカルボナーラ。全卵ならではのやさしい味わいは、ひとりのランチにぴったりです。
チーズがなければ、入れなくても大丈夫。まろやかな卵の風味にパンチェッタの塩気が効いた、食べ飽きない一皿です。
関連キーワード
ひとりごはん
ランチ
手軽
レシピカテゴリ
パスタ

材料(1人分)

  • パスタ(スパゲッティーニ)…80g
  • 卵…1個
  • パンチェッタ…50g
  • オリーブ油…大さじ2
  • ゆで汁…大さじ2
  • 塩・こしょう…各少々
  •  
  • [なすとズッキーニのグリル]
  • なす…1本
  • ズッキーニ…1/2本
  • オリーブ油…適量
  • 塩・こしょう…各少々
  • パルメザンチーズ…適宜

作り方

  • 1
    パンチェッタは5~6mm太さの細切りにする。
  • 2
    小さなボウルに卵を割り入れ、溶きほぐしておく。
  • 3
    鍋に湯を沸かし、塩適量(分量外)を加えてパスタを袋の表示を参考にゆで、ざるに上げて水気をよくきる。
  • 4
    パスタのゆで上がりに合わせてフライパンにオリーブ油を熱し、パンチェッタを炒め、カリッとしてきたらゆで汁を加え、よく混ぜて乳化させ、火を止める。ゆでたてのパスタ、②の卵を加え、手早く混ぜて余熱で全体をなじませ、塩、こしょうで味を調える。
    ポイント
    パンチェッタがなければベーコンで。カリカリになるまで焼くのがコツ。パスタのゆで汁がソースの一部になりますから、忘れずに加えてください。
  • 5
    器に盛り、グリルしたなす、ズッキーニ(下記)を添える。好みで野菜にパルメザンチーズをおろしかける。

    ※[なすとズッキーニのグリル]の作り方
    なす、ズッキーニはへたを落として2~3cm幅の輪切りにする。グリルパン(またはフライパン)にオリーブ油を熱し、なすとズッキーニを焼きつけ、両面にこんがりと焼き色がついたら軽く塩、こしょうを振る。

栗原はるみ

雑誌『栗原はるみ』
全国の書店・ネット書店で発売中!

栗原はるみのパーソナルマガジン『栗原はるみ』(講談社)では、このほか、たくさんのレシピをご紹介しています。ぜひ本誌とあわせてご覧ください。

雑誌『栗原はるみ』はこちら>>