• LINE
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • 栗原はるみ情報
  • 栗原心平情報

五目豆

6
やわらかな大豆、シャキシャキしたれんこん、ぷりっとしたこんにゃくなど、いろいろな食感が楽しい五目豆。
薄味でほんのり甘く、干ししいたけのうまみも味わえます。丁寧に下ごしらえした具材は、大豆の大きさに合わせてコロコロの角切りに。食感がよい上、火の通りもよく、味がまんべんなくしみます。
関連キーワード
常備菜
作り置き
お弁当
レシピカテゴリ
大豆
食材
定番野菜
にんじん
れんこん
豆類
その他の豆
干ししいたけ
こんにゃく・しらたき

材料(4人分)

  • ゆで大豆…2カップ分(約300g)
  • にんじん…1本(150g)
  • れんこん…1節(150g)
  • こんにゃく…1枚(220g)
  • 干ししいたけ…6枚

  • [A]
  • だし汁…2カップ
  • しょうゆ…大さじ3~4
  • みりん…大さじ3
  • 砂糖…大さじ3

作り方

  • 1
    干ししいたけは軽く洗ってから少なめの水(1/2カップ)でゆっくりと戻す。水気を軽く絞って軸を落とし、1cm角に切る。
  • 2
    こんにゃくは手で1cm大にちぎってから下ゆでしてあく抜きをし、ざるに上げて水気をよくきる。
  • 3
    にんじんは皮をむき、1cm角に切る。
  • 4
    れんこんは皮をむき、1.5cm角に切って水にさらし、ざるに上げて水気をよく拭く。
  • 5
    鍋に[A]を合わせて煮立て、れんこん以外の材料を入れて落とし蓋をし、弱めの中火で5~7分煮る。
  • 6
    れんこんを加え、蓋をせずにさらに約5分煮る。食感が残るくらいに火が通ったら味をみて、しょうゆと砂糖(ともに分量外)で味を調える。煮汁を少し残して火を止め、そのまましばらくおいて味を含ませる。
    ポイント
    蓋付きのガラスの容器などに入れて、冷蔵庫で保存。煮汁に浸しておくと、大豆や根菜類がしっとりとしたまま、3日間ほどはおいしく食べられます。

栗原はるみ

雑誌『栗原はるみ』
全国の書店・ネット書店で発売中!

栗原はるみのパーソナルマガジン『栗原はるみ』(講談社)では、このほか、たくさんのレシピをご紹介しています。ぜひ本誌とあわせてご覧ください。

雑誌『栗原はるみ』はこちら>>