• LINE
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • 栗原はるみ情報
  • 栗原心平情報

甘夏ジャムケーキ

6
大きめの四角い型に生地の半量を広げ、ほろ苦い甘夏ジャムをのせて、残りの生地を格子状に絞って焼いたケーキ。スポンジケーキとクッキーの間のような、ほろっとしてやわらかな仕上がりです。
大きく焼けるので、友だちが大勢来ても切り分けやすく、四角いケーキだから、細長く切ったり、正方形や三角形に切ったりと、切り方も自由に楽しめます。
関連キーワード
ジャム
おやつ
おもてなし
レシピカテゴリ
ケーキ
料理種類
お菓子・デザート
焼き菓子
ケーキ
洋菓子
食材
乳製品
牛乳
バター

材料(25.5×25.5cm 角型1台分)

  • バター(食塩不使用)…250g
  • グラニュー糖…150g
  • 卵…2個
  • 牛乳…1/3カップ(約70ml)

  • [A]
  • 薄力粉…400g
  • ベーキングパウダー…大さじ1

  • 甘夏ジャム…1カップ分

作り方

【下準備】
・バターは薄く切ってボウルに入れ、室温においてやわらかくしておく。
・型に合わせてクッキングシートを敷く。
・オーブンは170℃に予熱する。
  • 1
    ボウルにバターを入れ、泡立て器でクリーム状になるまでよく練り混ぜたら、グラニュー糖を加えて白っぽくなるまでよく混ぜる。
  • 2
    卵を溶きほぐし、最後の照り出し用に塗る分を少し残して①に加え、さらによく混ぜる。
  • 3
    牛乳を少しずつ加えて、その都度よく混ぜる。
    ポイント
    バターに牛乳を加えるときは少しずつ。牛乳を加えたら、泡立て器でよく混ぜてバターとなじませることを繰り返すとうまくいきます。
  • 4
    [A]の粉類をを合わせてふるい入れ、ゴムべらで粉っぽさがなくなるまでさっくりと切るように混ぜる。
  • 5
    生地の半量を型に入れ(半量は絞り出し用に残しておく)、指先を水で少し濡らして手早く生地を広げてのばす。ゴムべらやカードで表面を平らにならし、甘夏ジャムを全体に塗る。
  • 6
    残りの生地を絞り袋に入れ、⑤の表面に格子状に絞り出す。このとき斜めに5本の線が目安。また冬場など、生地がかたい場合は牛乳(分量外)を少量加えて混ぜ、生地をやわらかくしてから絞り出す。
    ポイント
    格子の飾りは、生地をまず中央に1本絞り出してから、左右に2本ずつ絞ると均等に5本の線を絞ることができます。
    241713
  • 7
    絞り出した生地に②で残した照り出し用の溶き卵を刷毛で塗り、170℃のオーブンで25~30分焼く。
  • 8
    焼き上がったら取り出して粗熱を取り、型からはずす。
  • 9
    冷めたら好みの大きさに切り分ける。

栗原はるみ

雑誌『栗原はるみ』
全国の書店・ネット書店で発売中!

栗原はるみのパーソナルマガジン『栗原はるみ』(講談社)では、このほか、たくさんのレシピをご紹介しています。ぜひ本誌とあわせてご覧ください。

雑誌『栗原はるみ』はこちら>>