• LINE
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • 栗原はるみ情報
  • 栗原心平情報

いんげんのおひたし、山いものおひたし

0
だしの風味がきいた、2種類のおひたし。
いんげんには、独特のうまみがあるので、おひたしも味わい深いです。山いもは粗くすりおろすと、おひたしらしい食感でいただけます。
関連キーワード
いんげん
山芋
山いも
インゲン
おひたし
お浸し
レシピカテゴリ
豆類
食材
旬野菜(秋・冬)
長芋・山芋
豆類
さやいんげん

材料(作りやすい分量)

  • [いんげんのおひたし]
  • さやいんげん…250g
  • (A)
  • だし汁…1と1/2カップ
  • みりん…大さじ2
  • 薄口しょうゆ…大さじ2
  • しょうがのすりおろし…適宜

  • [山いものおひたし]
  • 山いも…1本(300g)
  • (B)
  • だし汁…1と1/2カップ
  • みりん…大さじ2
  • 薄口しょうゆ…大さじ2

  • うずらの卵・わさび・もみのり…各適宜

作り方

  • 1
    いんげんのおひたしを作る。容器に[A]を合わせておく。
  • 2
    さやいんげんは筋を取り、塩少々(分量外)を入れた熱湯で2分くらいゆで、ざるに上げる。そのまま冷ましてから、斜めに2~3等分する。
  • 3
    [1]に[2]のいんげんをひたし、ラップをして冷蔵庫に入れて冷やし、味をなじませる。
  • 4
    器に盛り、好みでしょうがのすりおろしを添える。
  • 5
    山いものおひたしを作る。容器に[B]を合わせておく。
  • 6
    山いもは皮をむき、[5]の容器の上から鬼おろしで粗くすりおろす。
  • 7
    [6]を軽く混ぜ、ラップをして冷蔵庫で冷やし、味をなじませる。
  • 8
    器に盛り、好みでうずらの卵、わさび、もみのり各適量を添える。