• LINE
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • 栗原はるみ情報
  • 栗原心平情報

ツナそぼろ丼

1
丁寧にほぐして作るツナそぼろとごはん、一緒に頬ばるのがおいしい食べ方です。
そぼろに使うツナ缶は、かたまりをほぐすほうがフレーク状のものよりふわっと仕上がる気がします。ほぐし具合は好みですが、細かくしたほうが味を含み、やわらかな食感に。ツナそぼろは、お弁当にはもちろん、巻きずしの具にしたり、コロッケに入れたりと重宝します。
関連キーワード
ツナそぼろ
ツナ
そぼろ
どんぶり
ごはん
レシピカテゴリ
どんぶりもの
料理種類
ごはんもの
どんぶりもの/丼もの
食材
魚介
ツナ缶

材料(1人分)

  • [ツナそぼろ](作りやすい分量)
  • ツナ缶(水煮)…2缶(1缶135g)
  • (A)
  • 砂糖…大さじ2
  • みりん…大さじ1
  • 酒…大さじ2
  • 薄口しょうゆ…大さじ1

  • ごはん…適量
  • ブロッコリー…適量

作り方

  • 1
    ツナそぼろを作る。ツナは缶から出してざるに上げ、汁気を切る。
  • 2
    鍋に[1]のツナを入れて菜箸2膳で細かくほぐし、中火で空炒りする。
  • 3
    ツナがふんわりとして全体に熱くなったら[A]を加える。
  • 4
    混ぜながら弱火で約5分、汁気がほとんどなくなるまで煮て、火を止める。
    ポイント
    好みで火を止めてからしょうがの絞り汁少々を加えると味が締まる。
  • 5
    ツナそぼろ丼を作る。容器にごはんを詰め、ツナそぼろ適量をふんわりとのせる。ブロッコリーを小房に分けて塩ゆでし、水気をよくきって添える。
    ポイント
    好みで焼きのりを別添えしてもんで散らしたり、刻んだ紅しょうがをのせてもおいしい。
ポイント
好みで焼きのりを別添えしてもんで散らしたり、刻んだ紅しょうがをのせてもおいしい。