• LINE
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • 栗原はるみ情報
  • 栗原心平情報

鯛めし

1
蓋をあけた瞬間、心のなかでも歓声が上がる鯛めし。
鯛は焼いてから炊き込むので香ばしく、骨離れも良好。上品な白身を丁寧にほぐして薄味のごはんと混ぜれば、しみじみとしたおいしさです。
関連キーワード
鯛めし
ごはん
土鍋
炊き込み
おもてなし
レシピカテゴリ
炊き込みごはん
料理種類
ごはんもの
炊き込みごはん
食材
魚介
タイ

材料(4人分)

  • 米…2カップ
  • 鯛…1尾(250g)※体長20cmくらいのもの
  • 塩…小さじ1

  • 水…適宜
  • 昆布…10cm長さ1枚

  • [A]
  • 薄口しょうゆ…大さじ1
  • 酒…大さじ1
  • みりん…大さじ1
  • 塩…小さじ1/2

作り方

  • 1
    昆布は水でさっと洗い、半分に切って水(約2カップ)につけて約30分おく。
  • 2
    米はといでざるに上げ、約15分おいて水気をきる。
  • 3
    鯛は両面に塩をふり、熱した焼き網かグリルで香ばしい焼き色がつくまで焼く。
  • 4
    [A]を合わせ、[1]の昆布だしを足して2カップに計量する。
  • 5
    鍋に米を入れ、[1]の昆布をおき、[4]を注いで鯛をのせる。
  • 6
    蓋をして火にかけ、沸騰したら弱火にして10~12分炊く。火を止めて約10分蒸らす。
  • 7
    炊き上がったら昆布を取り除き、鯛の骨をていねいにはずし、身をほぐしながらさっくりと混ぜる。