• LINE
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • 栗原はるみ情報
  • 栗原心平情報

そぼろとねぎのお好み焼き

1
豚肉で作るところを、塩そぼろで作ってみたら、うまみが広がって、上等のお好み焼きができました。
お酒と塩の力を借りて、ひと手間かけることでひき肉のうまみを引き出します。目玉焼きは白身のふちはカリカリ、黄身はとろりと焼くのがこだわりです。
関連キーワード
そぼろ
お好み焼き
レシピカテゴリ
粉もの
食材
旬野菜(秋・冬)
長芋・山芋
ひき肉

材料(直径18cm 2枚分)

  • [そぼろ]
  • 豚ひき肉…100g
  • 酒…大さじ1
  • 塩…小さじ1/4

  • わけぎ…4~5本(正味80g)

  • [生地]
  • だし汁…1/2カップ
  • 薄力粉…50g
  • 山芋…50g
  • 卵…1個

  • [トッピング]
  • マヨネーズ…適量
  • お好み焼きソース…適量
  • 紅しょうが・青のり・削りがつお…各適量

  • 卵…2個
  • サラダ油…少々

作り方

  • 1
    そぼろを作る。フライパンにひき肉と酒を入れて火にかけ、ぽろぽろになったら塩を加えて混ぜ、火を止める。
  • 2
    わけぎは小口切りにする。
  • 3
    生地を作る。ボウルにだし汁を入れ、卵を加える。薄力粉、すりおろした山芋を順に加え混ぜる。
  • 4
    生地を半分に分け、そぼろとわけぎの半量を加えて軽く合わせる。
  • 5
    フライパンに油を熱し、[4]を流し入れる。よい焼き色が付いたら返し、中まで火を通す。もう1枚も同様に焼く。
  • 6
    別のフライパンに油を熱し、卵を割り入れて目玉焼きを作る。
  • 7
    焼きたてのお好み焼きにソース、マヨネーズを順に塗り、紅しょうが、目玉焼き、青のりをのせる。