• LINE
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • 栗原はるみ情報
  • 栗原心平情報

乾物の五目煮

9
5種の乾物ににんじんを加えて煮ます。
常備菜といえば味の濃いイメージですが、きちんと取っただし汁に薄めの味つけで煮れば、サラダみたいに繰り返したくさん食べられます。
関連キーワード
煮もの
常備菜
作り置き
お弁当
レシピカテゴリ
大豆
食材
定番野菜
にんじん
豆類
その他の豆
乾物・海藻
ひじき

材料(作りやすい分量)

  • 大豆(ゆでたもの)…1カップ分(乾物の場合は60g)
  • ひじき(乾燥)…20g
  • きくらげ(乾燥)…5g
  • 高野豆腐(乾燥)…2枚
  • 切り干し大根(割り干し)…25g
  • にんじん…1/2本(130g)

  • [A]
  • だし汁…4カップ
  • 酒…大さじ2
  • みりん…大さじ3
  • 砂糖…大さじ4
  • しょうゆ…大さじ4

作り方

  • 1
    ひじきは洗ってたっぷりの水につけて戻す。2~3回水を替えてからざるに上げて水気をよくきり、長いものは食べやすい長さに切る。
  • 2
    きくらげはきれいに洗ってから水で戻して水気をよくきり、石づきを取ってせん切りにする。
  • 3
    切り干し大根はきれいに洗ってからたっぷりの水につけて戻し、水気を絞って1.5cm長さに切る。
  • 4
    高野豆腐はぬるま湯で戻し、水のにごりがなくなるまで5~6回水を替えてから水気をよく絞り、1cm角に切る。
  • 5
    にんじんは皮をむいて1cm角に切る。
  • 6
    鍋に[A]を合わせて煮立て、切り干し大根とにんじんを入れて落とし蓋をし、中火で約5分煮る。大豆、ひじき、きくらげ、高野豆腐を入れ、落とし蓋をしてさらに10~12分煮る。火を止め、そのまましばらくおいて味を含ませる。