• LINE
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • 栗原はるみ情報
  • 栗原心平情報

鮭の南蛮漬け

5
作ってすぐはもちろん、日をおくと味のしみ具合も変わり、3~4日はおいしく食べられます。
鮭はしっかり揚げると生臭みが取れ、日持ちします。ジュッというくらい熱いうちに漬けだれに入れて。
関連キーワード
南蛮漬け
作り置き
レシピカテゴリ
鮭、サーモン
食材
定番野菜
にんじん
玉ねぎ
旬野菜(秋・冬)
セロリ
魚介
鮭、サーモン

材料(4人分)

  • 生鮭…4切れ(400g)
  • 塩・こしょう…各少々
  • 薄力粉…大さじ3
  • 揚げ油…適量
  • 玉ねぎ…1/2個(100g)
  • セロリ…1本(100g)
  • にんじん…1/2本(100g)
  • しょうが…1片

  • [A]
  • だし汁…1カップ
  • 酢…3/4カップ
  • 砂糖…大さじ4
  • 薄口しょうゆ…大さじ3

  • すだちの絞り汁…大さじ1
  • すだち…2~3個
  • 赤とうがらし(小口切り)…2本分

作り方

  • 1
    玉ねぎは薄切りにする。
  • 2
    セロリは筋を取り、5~6cm長さのせん切りにする。
  • 3
    にんじんは皮をむき、5~6cm長さの斜め薄切りにしてから、せん切りにする。
  • 4
    しょうがは細めのせん切りにする。
  • 5
    [A]を合わせて混ぜ、砂糖を溶かし、漬けだれを作る。
  • 6
    鮭は食べやすい大きさに小さく切り、軽く塩、こしょうを振って、薄力粉を全体に軽くまぶす。
  • 7
    180℃に熱した油で、[6]をカリッと揚げる。油をよくきり、熱いうちに深めの容器に入れた[5]に漬ける。
  • 8
    [1]~[4]の野菜を混ぜ合わせて[7]に加え、すだちの絞り汁をかけ、赤とうがらしの小口切りをちらして、輪切りにスライスしたすだちをのせる。ラップを落とし蓋のようにかけ、冷蔵庫にしばらく置いて味をなじませる。