• LINE
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • 栗原はるみ情報
  • 栗原心平情報

いなりの混ぜごはん

1
いなりの甘辛煮が具の主役。肉や魚が入らなくても味の素になります。
ほかの野菜や薬味は揃うもので十分。ごはんを酢めしにかえれば混ぜずしも楽しめます。いなりの甘辛煮は作っておくと、いなりずしはもちろん酢のものや卵とじ丼など、手軽に一品が作れます。
関連キーワード
いなり
混ぜごはん
作り置き
レシピカテゴリ
ごはんもの
料理種類
ごはんもの
食材
きゅうり
みょうが
のり
豆腐類
油揚げ
ごま

材料(1人分)

  • ごはん…適量
  • いなりの甘辛煮(下記)…2枚(油揚げ1枚分)
  • きゅうり…1/4本
  • みょうが…1/2本
  • 紅しょうが…適宜
  • もみのり…適宜
  • 白ごま…適宜

  • [いなりの甘辛煮](16枚分)
  • 油揚げ…8枚
  • (A)
  •  だし汁…1カップ
  •  しょうゆ…大さじ1
  •  砂糖…大さじ1
  •  ざらめ糖…大さじ1
  •  みりん…1/4カップ
  • (B)
  •  だし汁…1/2カップ
  •  しょうゆ…大さじ1と1/2
  •  砂糖…大さじ1
  •  ざらめ糖…大さじ1

作り方

  • 1
    いなりの甘辛煮(下記)は2cm角に切る。
  • 2
    きゅうりは5mm角切り、みょうがは小口切りにする。
  • 3
    器にごはんを入れ、きゅうり、いなりの甘辛煮、みょうがをのせ、好みで紅しょうがのみじん切り、もみのり、白ごまを振る。
【いなりの甘辛煮】の作り方
油揚げは菜箸などで転がしてから長さを半分に切り、袋状に開く。熱湯で油抜きをし、ざるに上げて軽く水気を絞る。
(B)の調味料をボウルに混ぜ合わせておく。
鍋に(A)の調味料を合わせて煮立て、油揚げを広げて入れ、落とし蓋をして弱火で約10分煮る。
混ぜ合わせた(B)の調味料を加え、途中上下を返しながら、落とし蓋をしてさらに8~10分煮る。
煮汁を少し残して火を止め、そのまましばらくおいて味をなじませる。
保存は油揚げを広げるように重ね、残った煮汁をかけて冷蔵庫へ。