• LINE
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • 栗原はるみ情報
  • 栗原心平情報

とろとろなすのだし

1
山形の郷土料理“だし”を、栗原はるみ流に。
そのままお酒のおつまみにも、ごはんやそうめんにたっぷりかけても、するするっといくらでも食べられます。
関連キーワード
夏野菜
レシピカテゴリ
旬野菜
食材
旬野菜(春・夏)
きゅうり
オクラ
なす
長芋・山芋
香味野菜
青じそ(大葉)
みょうが

材料(作りやすい分量)

  • なす…2本
  • 塩…小さじ1/2
  • きゅうり…1本
  • オクラ…8本
  • 長いも…100g
  • みょうが…3本
  • 青じそ…5枚
  • 塩昆布(めかぶ・がごめ昆布でも)…10g
  • だし汁…1カップ
  • 薄口しょうゆ…大さじ1

  • しょうがのすりおろし…適量
  • ごはん…適宜

作り方

  • 1
    なすは洗って水気をよくきり、へたを落として5mm角に切る。ボウルに入れて塩を全体にまぶし、5~10分おいて水気を絞る。
  • 2
    きゅうりは縦半分に切ってスプーンで種を取り除き、5mm角に切る。
  • 3
    オクラはかたいへたを落としてガクを削り、塩少々を加えた熱湯でゆでて冷水にとり、冷めたら刻んでから細かくたたく。
  • 4
    長いもは皮をむき、5mm角に切る。みょうがも5mm角に切る。青じそは粗みじん切りにする。
  • 5
    塩昆布は刻む。
  • 6
    ボウルに①~④を合わせ、⑤の塩昆布を加え、だし汁、薄口しょうゆで味を調える。
  • 7
    器に盛り、おろししょうがを添える。好みでごはんにかけていただく。