• LINE
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • 栗原はるみ情報
  • 栗原心平情報

梅干しの炊き込みごはん

22
だしをとらなくても、厚削り節と昆布を一緒に加えればいいので手軽に炊けます。梅干し以外に、鮭、たらこ、干ものや残ったお刺身を具材にしてもいいです。
炊き込みごはんを作ったら、あとはみそ汁があれば充分な朝ごはんに。
関連キーワード
朝ごはん
梅干し
レシピカテゴリ
炊き込みごはん
料理種類
ごはんもの
炊き込みごはん

材料(1~2人分)

  • 米…1カップ
  • 梅干し…1個
  •  
  • [A]
  • 水…約1カップ
  • 昆布…5cm角1枚
  • 厚削りガツオ…2~3枚
  •  
  • 青じそ…10枚
  • ちりめんじゃこ…適宜
  • 焼きのり…適量

作り方

  • 1
    [A]の水に昆布、厚削りガツオを浸けておく。
  • 2
    米は洗ってざるに上げ、約15分おいて水気をきる。
  • 3
    鍋に②の米を入れ、中央に梅干しをのせ、①の昆布、厚削りガツオを加える。①の水が減っていたら、水を足して1カップに計量し、鍋にまわし入れて蓋をする。
  • 4
    強火にかけ、沸騰したら弱火にして約10分炊く。火を止め、そのまま約10分おいて蒸らす。
  • 5
    青じそは縦半分に切ってからせん切りにし、空気を入れるようにふわっとほぐす。
  • 6
    炊き上がったら昆布、削りガツオ、梅干しの種を取り除き、さっくりと混ぜる。好みでじゃこを加えて混ぜ、器に盛り、青じそともみのりを添える。
    ポイント
    梅干しが混ざっているところと、そうでないところがあるほうがおいしいので、混ぜすぎないように。

栗原はるみ

雑誌『栗原はるみ』
全国の書店・ネット書店で発売中!

栗原はるみのパーソナルマガジン『栗原はるみ』(講談社)では、このほか、たくさんのレシピをご紹介しています。ぜひ本誌とあわせてご覧ください。

雑誌『栗原はるみ』はこちら>>