• LINE
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • 栗原はるみ情報
  • 栗原心平情報

えびにら餃子

13
食べ始めると止まらない、栗原はるみの餃子レシピの中でも人気ベスト3のひとつです。
小さめのフライパンだと上手に焼くことができます。できたての熱々がおいしい。
関連キーワード
餃子
点心
中華
おもてなし
おつまみ
レシピカテゴリ
エビ
食材
にら
ひき肉
魚介
エビ

材料(小24個分)

  • えび…5~6尾(正味100g)
  • 豚ひき肉…50g
  • にら…1/2束(50g)
  • しょうがのみじん切り…小さじ1

  • [A]
  • 紹興酒…大さじ1/2
  • スープ(顆粒鶏ガラスープ小さじ1/2を湯大さじ1/2で溶き、冷ましたもの)
  • ごま油…大さじ1/2

  • 塩・こしょう…各少々
  • 餃子の皮…24枚
  • 水…適量

  • サラダ油…適量
  • ごま油…適量
  • 好みのたれ…適量

作り方

  • 1
    えびは殻と尾、背わたを取り除き、半分は粗く刻み、半分はさらに細かくたたく。
  • 2
    にらは1cm幅に切る。
  • 3
    しょうがは細かいみじん切りにする。
  • 4
    小さな容器に[A]を合わせてよく混ぜる。
  • 5
    ボウルに①のえびとひき肉、しょうがを入れ、[A]を加えてよく混ぜる。にらを加えてさらに混ぜ、塩、こしょうで味を調える。
  • 6
    餃子の皮に⑤のたねをのせ、周囲に水少々をつけ、ひだを寄せながら閉じ合わせて包む。
    ポイント
    餃子の皮をひとまわり小さい型(ここでは直径7.5mのスコーン型)で抜きました。餃子の閉じ口がギザギザしてかわいくなります。
    残った皮も無駄にせず、デザート(下記)に使用します。
  • 7
    フライパンにサラダ油少々を熱し、餃子の半量を入れて少し焼く。フライパンの縁から水1/4カップ弱を注ぎ入れ、ふたをして弱火で蒸し焼きにする。
    ポイント
    最初から強火で焼くと焦げてしまうので、弱火で焼き始めるのがおいしく焼くコツです。あまり触らず、焼き目を見ながらじっくり焼きましょう。
  • 8
    水分がほとんどなくなったらふたを取り、ごま油適量を回しかけ、中火にして表面がカリッとするまで焼く。残りの餃子も同様に焼く。
    ポイント
    弱火で焼いて、水分がなくなるのを見届けたタイミングで中火にしましょう。焼き加減をこまめに確認することで、生焼けを防ぐことができます。
  • 9
    器に盛り、好みのたれでいただく。
※【餃子の皮のデザート】の作り方
揚げ油を熱し、餃子の皮のまわりの部分をカリッと素揚げにして、油をよくきる。ボウルに粉砂糖50gを入れ、レモン汁小さじ1と1/2~2をを少しずつ加えながらよく混ぜ、レモンアイシングを作る。素揚げした餃子の皮を器に盛り、レモンアイシングをかけていただく。


栗原はるみ

雑誌『栗原はるみ』
全国の書店・ネット書店で発売中!

栗原はるみのパーソナルマガジン『栗原はるみ』(講談社)では、このほか、たくさんのレシピをご紹介しています。ぜひ本誌とあわせてご覧ください。

雑誌『栗原はるみ』はこちら>>