• LINE
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • 栗原はるみ情報
  • 栗原心平情報

タルトシトロン

14
サクサクのタルト生地にレモンクリームがふんわり。酸味がマイルドなので、小さな子どもたちにも食べやすくて人気です。
手作りのタルト生地は少し手間はかかりますが、サクサクで驚くほどおいしいからぜひ作ってみてください。小さいタルト型で作れば手みやげやプレゼントにも◎ 香りのいい紅茶やハーブティーを添えて、おもてなしにもどうぞ。
関連キーワード
タルト
おもてなし
手土産
レシピカテゴリ
タルト・パイ
料理種類
お菓子・デザート
ケーキ
タルト・パイ
洋菓子
食材
果物
レモン
乳製品
バター

材料(直径16cmタルト型 1台分)

  • タルト生地(下記)…1台分

  • [クレームシトロン(レモンクリーム)]
  • 卵…2個
  • グラニュー糖…80g
  • レモンの絞り汁…1/4カップ
  • レモンの皮…1/2個分
  • バター(食塩不使用)…80g

  • レモンのコンフィ…適量
  •  ※レモンのコンフィのレシピはこちら>
  • レモンバーム…適量

  • [タルト生地](直径16cmタルト型 2台分)
  • バター(食塩不使用)…100g
  • グラニュー糖…40g
  • 卵(S)…1個
  • 薄力粉…150g

作り方

  • 1
    タルト生地を作る。バターは薄切りにしてボウルに入れ、室温に戻しやわらかくする。
  • 2
    バターを泡立て器でクリーム状に練る。グラニュー糖を加え、白っぽくなるまでよくすり混ぜる。卵を溶きほぐして加え、さらによくすり混ぜる。
  • 3
    薄力粉をふるい入れ、ゴムべらで粉っぽさがなくなるまで切るように混ぜる。
  • 4
    生地を2等分して丸く平らにまとめてラップで包み、かたくなるまで冷蔵庫で2~3時間以上休ませる。
  • 5
    休ませたタルト生地1台分を冷蔵庫から取り出してラップではさみ、めん棒で生地を型よりひとまわり大きく伸ばす。タルト型の底板ははずし、クッキングペーパーの上に型の枠を置く(下にまな板やバットなどかたいものをおくと運びやすい)。ラップの片面をはがし、生地を型にのせ、底面にしっかり敷き込んでから指で型の側面にぴったり貼りつける。
  • 6
    ラップをはがし、型の縁にめん棒を転がしてはみ出した生地を切り落とし、立ち上がりに沿わせて形を整える。クッキングペーパーごともう一度冷蔵庫に入れ、生地を15~30分冷やす。
  • 7
    オーブンは170℃に予熱する。天板も一緒に予熱しておく。
  • 8
    ⑥の生地を取り出し、フォークで数か所刺して穴を開ける。タルトの内寸より少し大きめのクッキングペーパーを生地にしっかり敷き込み、重しを縁の部分までたっぷりのせる。
  • 9
    170℃のオーブンで約15分焼く。薄く焼き色がついたら重しをはずし(重しが熱くなっているので火傷に注意)、さらに10~15分焼く。焼き上がったら取り出し、天板にのせたまま冷ます。完全に冷めたら型をはずす。残りの1台も同様に作る。
  • 10
    タルトが冷めたらクレームシトロンを作る。レモンの皮はよく洗い、黄色い部分を薄く削る。バターは1cm角に切る。
  • 11
    ボウルに卵を割りほぐし、グラニュー糖を加えて泡立て器でよく混ぜる。
  • 12
    レモンの絞り汁を加えてさらに混ぜ、鍋にこして入れる。レモンの皮を加えて弱火にかけ、へらで絶えず混ぜながら加熱する。全体にとろみがついたら火を止め、レモンの皮を取り出す。バターを加えてよく混ぜ、粗熱を取る。
  • 13
    タルト台に⑫を流し入れて表面を平らにならし、冷蔵庫に入れて冷やし固める。
  • 14
    仕上げにレモンのコンフィを飾り、レモンバームを添える。