• LINE
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • 栗原はるみ情報
  • 栗原心平情報

ほうれん草とささみの酢のもの

1
薄焼き卵をのせたおいしい酢のものです。
ささみのうま味、春雨の食感と、薄焼き卵がよく合います。
関連キーワード
ほうれんそう
ほうれん草
ささみ
鶏肉
酢のもの
酢の物
レシピカテゴリ
旬野菜
食材
旬野菜(秋・冬)
ほうれん草
鶏肉
乾物・海藻
春雨

材料(4人分)

  • ほうれん草…約3/4束(250g)
  • ささみ…4本(180g)
  • 水…1/2カップ
  • 塩…少々
  • 酒…小さじ1
  • 卵…2個
  • 砂糖…小さじ2
  • 塩…少々
  • サラダ油…少々
  • 春雨(乾燥)…50g

  • [A]
  • 酢…1カップ
  • 砂糖…大さじ3
  • 薄口しょうゆ…大さじ1/2

  • ごま油…小さじ1

作り方

  • 1
    ささみは筋を取り、火が通りやすいよう中央に切り込みを入れる。小鍋に水を入れ、沸騰したら塩、酒を入れ、ささみを加える。再び沸騰したら蓋をして中火で2分くらいゆで、火を止めてささみをひっくり返し、蓋をしてそのまま冷ます。冷めたら手で食べやすい大きさに裂く。
  • 2
    ボウルに卵を溶きほぐし、砂糖、塩を加えてよく混ぜ、1度こす。フライパンに油少々を熱してペーパータオルなどで全体をなじませ、卵液を適量流し入れて両面焼く。残りも同様に焼いて薄焼き卵を作る。これを3~4等分にして8mm幅の短冊に切る。
  • 3
    春雨はほぐして熱湯で1分ほどゆでる。湯をきってボウルに入れ、ラップをして1~2分蒸らし、食べやすい長さに切る。
  • 4
    ほうれん草は茎と葉に分け、4~5cm長さに切る。鍋に湯を沸かし、沸騰したら塩少々を入れ、ほうれん草を茎から先に加えてさっとゆがき、ざるに上げて冷水にとる。再びざるに上げ、水気をよく絞る。
  • 5
    [A]を合わせ、砂糖が溶けるまでよく混ぜる。
  • 6
    ほうれん草の水気をさらに絞ってボウルにほぐし入れ、[1]のささみ、[3]の春雨を加え軽く合わせる。[5]であえ、ごま油で風味をつける。
  • 7
    器に盛り、[2]の薄焼き卵をのせ、混ぜながらいただく。