• LINE
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • 栗原はるみ情報
  • 栗原心平情報

里いもと干し貝柱の炊きおこわ

0
米の上にほぐした貝柱を広げ、里いもを重ねて炊くと、全体にほどよくうまみが広がります。
味のアクセントに、炒めたウインナを混ぜ、つけ合わせにキャベツのバター炒めを。
関連キーワード
里芋
さといも
里いも
貝柱
おこわ
炊き込み
土鍋
新米
レシピカテゴリ
炊き込みごはん
料理種類
ごはんもの
炊き込みごはん
食材
旬野菜(秋・冬)
里いも
魚介
貝類

材料(4人分)

  • もち米…1カップ
  • 米…1カップ
  • 干し貝柱…50g
  • 水…2カップ
  • 里いも…4個(正味300g)
  • 顆粒鶏がらスープ…小さじ2
  • ウインナソーセージ…4本
  • にんにく(つぶす)…1片
  • サラダ油…大さじ1/2
  • 塩・こしょう…各少々

  • [キャベツのバター炒め]
  • キャベツ…6枚
  • バター…大さじ2
  • 塩・こしょう…各少々

作り方

  • 1
    干し貝柱はさっと洗ってから分量の水に2~3時間以上浸けて戻す。戻し汁は残しておく。
  • 2
    もち米は洗って約30分浸水させてざるに上げ、水気をよくきる。
  • 3
    米はといでざるに上げ、約15分おく。
  • 4
    戻した貝柱は手で細かくほぐす。
  • 5
    里いもは皮をむいて大きめのひと口大に切り、水にさらして水気をよくきる。
  • 6
    貝柱の戻し汁を1と3/4カップに計量し、鶏がらスープを加えてよく混ぜる。
  • 7
    土鍋または厚手鍋にもち米と米を合わせて入れ、貝柱、里いもを順にのせ、[6]の調味液を注ぎ入れる。
  • 8
    蓋をして強火にかけ、沸騰してきたら弱火にして約10~12分炊く。火を止め、約10分そのままおいて蒸らす。
  • 9
    ごはんを蒸らしている間に、ウインナを炒める。ウインナは5mm幅の輪切りにし、フライパンにサラダ油を熱してにんにくを炒め、香りが出たらウインナを強火で炒める。ウインナから出た脂が気になればペーパータオルで吸い取る。
  • 10
    キャベツのバター炒めを作る。キャベツは大きめのひと口大に切る。
  • 11
    フライパンにバターを熱し、キャベツを強火で炒め、しんなりしたら軽く塩、こしょうする。
  • 12
    [8]のごはんを上下に混ぜ、ウインナをのせて再度さっくりと全体に混ぜる。味をみて塩、こしょうで調え、キャベツのバター炒めを添える。