• LINE
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • 栗原はるみ情報
  • 栗原心平情報

ちらしずしべんとう

2
見た目も華やかなちらしずしはうれしい日のおべんとうにぴったりです。家でのごはんなら、上にのせる魚介を刺身に変えても。
すし飯にすだちなどのかんきつを絞って加えると、さわやかで甘辛味の煮ものとバランスもとれます。合わせ酢は酢のものにも使えます。
関連キーワード
ちらしずし
お弁当
ひな祭り
レシピカテゴリ
寿司
料理種類
ごはんもの
寿司
食材
定番野菜
にんじん
きゅうり
魚介
イカ
エビ
乾物・海藻
干ししいたけ

材料(2人分)

  • ごはん…大2膳分(360g)
  • 合わせ酢(下記)…1/4カップ
  • すだちの絞り汁…1個分

  • かんぴょうの煮もの(下記)…適量
  • 干ししいたけの煮もの(下記)…2枚
  • にんじんの煮もの(下記)…2切れ
  • きゅうり…1/2本
  • イカ(胴部分)…適量
  • エビ(小さいもの)…適量

  • [卵焼き](1本分)
  • 卵…1個
  • 砂糖…小さじ1
  • 酒…小さじ1
  • 塩…少々
  • サラダ油…少々

  • もみのり…適量
  • 木の芽…適量

  • [合わせ酢](作りやすい分量)
  • 酢…1カップ
  • 砂糖…大さじ3
  • 塩…小さじ3/4~1

  • [かんぴょうの煮もの](作りやすい分量)
  • かんぴょう(乾燥)…40g
  • 塩…小さじ1/2
  • (A)
  •  だし汁…1カップ
  •  砂糖…大さじ3
  •  酒…大さじ2
  •  みりん…大さじ3
  •  しょうゆ…大さじ3

  • [干ししいたけの煮もの](作りやすい分量)
  • 干ししいたけ(乾燥)…70g
  • (B)
  •  だし汁…1カップ
  •  砂糖…大さじ2
  •  酒…大さじ2
  •  みりん…大さじ2
  •  しょうゆ…大さじ2
  • (C)
  •  砂糖…大さじ1/2
  •  しょうゆ…大さじ1

  • [にんじんの煮もの](作りやすい分量)
  • にんじん…2本(350g)
  • (D)
  •  だし汁…1カップ
  •  砂糖…大さじ1
  •  みりん…大さじ1~2
  •  薄口しょうゆ…大さじ1~1と1/2

作り方

  • 1
    かんぴょうの煮ものを作る。かんぴょうはきれいに洗ってから約10分水で戻し、塩をもみ込む。十分水洗いしてから、薄めのものは約5分、肉厚のものは約15分、やわらかくなるまで下ゆでし、ざるに上げる。
  • 2
    鍋に(A)を合わせて煮立て、かんぴょうを入れて落とし蓋をし、弱火で15~20分、煮汁が少なくなるまで煮る。火を止め、そのままおいて味を含ませる。
  • 3
    干ししいたけの煮ものを作る。干ししいたけは少なめの水(1~1と1/4カップ)でゆっくりと戻して軽く水気を絞り、石づきを取る。
  • 4
    鍋に(B)を合わせて火にかけ、煮立ったらしいたけを入れて落とし蓋をし、弱火で約10分煮る。(C)を加えてさらに約5~10分、煮汁が少なくなるまで煮て火を止め、そのままおいて味を含ませる。
  • 5
    にんじんの煮ものを作る。にんじんは皮をむいて1.5cm厚さの輪切りにする。
  • 6
    鍋に(D)を入れて火にかけ、煮立ったらにんじんを入れて落とし蓋をし、弱めの中火で約8~10分煮る。にんじんに火が通ったら火を止め、そのままおいて味をなじませる。
  • 7
    すし飯を作る。ボウルに合わせ酢の調味料を合わせ、砂糖と塩が溶けるまでよく混ぜる。炊きたてのごはんに合わせ酢を振り入れて切るように混ぜ、すだちの絞り汁を加えて混ぜる。
  • 8
    かんぴょうの煮ものは、幅の広いものは半分に切ってから2cm幅に切る。
  • 9
    干ししいたけの煮ものは薄切りにする。
  • 10
    にんじんの煮ものは厚さを4等分にし、細切りにする。
  • 11
    きゅうりは5mm角に切る。
  • 12
    粗熱の取れた[7]のすし飯に、[8]~[11]の具を加えてさっくりと混ぜ合わせる。
  • 13
    卵焼きを作る。ボウルに卵を割りほぐし、砂糖、酒、塩を加えてよく混ぜる。卵焼き用のフライパンにサラダ油を熱し、ペーパータオルなどでならして全体に油をなじませる。フライパンを横に使って卵液を全量流し入れて広げ、手早く混ぜて半熟のうちに手前にまとめて細い卵焼きを作る。焼き上がったら温かいうちにクッキングペーパーで包んで丸く形を整える。冷めたら1.5cm幅の輪切りにする。
  • 14
    イカは胴を開いて鹿の子に包丁目を入れ、2~3cm角に切る。酒少々(分量外)を加えた熱湯にさっとくぐらせてざるに上げ、水気をよくきる。
  • 15
    エビは殻付きのまま背ワタを取り、酒少々(分量外)を加えたかぶるくらいの熱湯に入れる。再び煮立ったらすぐに火を止め、そのままおいて粗熱を取る。冷めたら尾の部分を1節残して頭と殻を取り除く。
  • 16
    容器に[12]のすし飯を詰め、全体にもみのりをのせる。卵焼き、イカ、エビをのせ、木の芽を散らす。