• LINE
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • 栗原はるみ情報
  • 栗原心平情報

だんご鍋

3
しょうゆベースの鶏スープに、鷄だんごとごはんで作るだんご、冬野菜がたっぷりのごちそう鍋です。
味がしみただんごはもちとも雑炊とも違うおいしさ。軟骨入りの鷄だんごからはおいしいだしが出て、コリコリっとした食感も楽しめます。
関連キーワード
だんご
冬野菜
レシピカテゴリ
鍋もの
料理種類
ごはんもの
鍋料理
鍋もの
食材
玉ねぎ
旬野菜(秋・冬)
ごぼう
長ねぎ
まいたけ
ひき肉
鶏肉

材料(4人分)

  • [鶏だんご]
  • 鶏ひき肉…500g
  • 鶏軟骨…50g
  • 玉ねぎ…1/4個(50g)
  • 卵…1個
  • 塩…小さじ1/2
  • こしょう…少々
  • しょうがの絞り汁…小さじ1
  • 薄力粉…大さじ2

  • [だんご](15~16個分)
  • ごはん…4膳分(600g)

  • 長ねぎ…2本
  • まいたけ…1パック
  • しらたき…1袋
  • せり…1束
  • ごぼう…1本

  • [スープ]
  • だし汁…8カップ
  • 顆粒鶏がらスープ…大さじ1
  • しょうゆ…大さじ4
  • 薄口しょうゆ…大さじ2
  • 酒…大さじ2
  • みりん…大さじ3
  • 塩…少々

  • ゆず・すだちなど…各適宜
  • 七味とうがらし…適宜

作り方

  • 1
    だんごを作る。温かいごはんをボウルに入れ、米粒が少し残るくらいまですりこ木でつぶす。べたつくようなら手を少し水でぬらしながら4cm大の球状に丸めて形作り、ひとつずつ割り箸に刺して、表面を乾かしておく。
  • 2
    鶏だんごを作る。軟骨は包丁で細かくたたく。玉ねぎはみじん切りにする。ボウルに鶏ひき肉と軟骨を入れ、塩、こしょう、卵、しょうが汁、薄力粉を順に加えてよく混ぜ、玉ねぎを加えて混ぜる。
  • 3
    しらたきは沸騰した湯に入れて3分くらいゆでてアク抜きをし、ざるに上げて水気をよくきり、食べやすい長さに切る。
  • 4
    長ねぎは斜め1.5~2cm幅に切る。
  • 5
    まいたけは粗くほぐす。
  • 6
    せりは5cm長さに切る。
  • 7
    ごぼうは皮をむいてささがきにし、水にさらして水気をよくきる。
  • 8
    鍋にスープの材料を合わせて火にかける。煮立ったらごぼう、長ねぎ、まいたけ、しらたきを加え、再び煮立ったら[2]の鶏だんごをスプーンですくい落としながら加える。
  • 9
    アクが出たら取り、[1]のだんごを加えて少し煮込む。具に火が通ったらせりをたっぷり加えて、取り分ける。好みでゆずなどを絞り、七味をかけていただく。