• LINE
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • 栗原はるみ情報
  • 栗原心平情報

ローストチキン

2
ワイルドライスや栗、きのこなど、大地の恵みをたっぷり詰めて、香ばしく焼き上げたローストチキン。
カリッと焼いたチキンと肉汁がしみたコクのあるフィリングが、あとをひくおいしさです。チキンが残ったら、朝ごはんのサンドイッチやサラダにしたり、ガラでスープを取ってリゾットにしたり、翌日以降も楽しんで。
関連キーワード
丸鶏
クリスマス
おもてなし
オーブン料理
ハーブ
レシピカテゴリ
鶏肉
料理種類
ごはんもの
食材
定番野菜
にんじん
玉ねぎ
じゃがいも
旬野菜(秋・冬)
かぶ
きのこ
まいたけ
マッシュルーム
鶏肉

材料(丸鶏1羽分)

  • 丸鶏…1羽(約2.5kg)
  • 塩…大さじ1と1/3
  • こしょう…少々

  • じゃがいも…6個(500g)
  • にんじん…2本(300g)
  • 玉ねぎ…2個(500g)
  • かぶ…3~4個
  • ローズマリー・タイム…各2~3本
  • オリーブ油…大さじ3

  • [フィリング](作りやすい分量)
  • ワイルドライス…3/4カップ(100g)
  • タイ米…1/4カップ(50g)
  • まいたけ…1パック(100g)
  • ブラウンマッシュルーム…1パック(100g)
  • 鶏レバー…80g
  • むき甘栗…50g
  • ドライいちじく…20g
  • 松の実…20g
  • にんにくのみじん切り…大さじ1
  • しょうがのみじん切り…大さじ1
  • オリーブ油…大さじ2
  • シナモンパウダー…少々
  • 塩…小さじ3/4~1
  • こしょう…少々

  • [グレイビーソース](作りやすい分量)
  • 焼き汁(天板に出てきたもの)…適量(約1/2カップ)
  • 白ワイン…1/4カップ
  • コーンスターチ・水…各小さじ1/2~1

  • クランベリーソース缶…1缶(400g)

作り方

  • 1
    フィリングを作る。ワイルドライスは洗い、鍋に入れかぶるまで水(約3カップ)を加えて火にかける。煮立ったら弱火にして蓋をし、約30~35分ゆでて火を止め、ざるに上げて水気をよくきる。タイ米も同様に洗い、鍋に入れてかぶるまで水(約1カップ)を加えて火にかけ、煮立ったら弱火にして蓋をし、約7~8分ゆでて火を止め、ざるに上げて水気をよくきる。
  • 2
    レバーはよく洗い、血のかたまりなどを丁寧に除き、きれいに洗って水気を拭き粗みじんに切る。
  • 3
    甘栗は1個を4等分に刻む。
  • 4
    ドライいちじくは粗みじん切りにする。
  • 5
    まいたけは手で細かくほぐし、2~3cm長さに切る。
  • 6
    マッシュルームは石づきを落として半分に切り、4~5mm幅の薄切りにする。
  • 7
    松の実は軽く色づくまでフライパンで空炒りする。
  • 8
    フライパンにオリーブ油を熱してにんにく、しょうがを入れ、香りが出たらレバーを加えて炒める。レバーに火が通ったらまいたけ、マッシュルーム、ワイルドライス、タイ米を順に加えて炒め、甘栗、ドライいちじく、松の実を入れ、シナモンパウダー、塩、こしょうで味を調える。
  • 9
    ローストチキンを作る。オーブンを250℃に予熱しておく。
  • 10
    鶏肉は水気を拭き、小さじ1の塩を腹の中にすり込み、表面に大さじ1の塩をすり込んでこしょうを振る。
  • 11
    じゃがいもは皮つきのままよく洗う。
  • 12
    玉ねぎは皮をむいて芯を残したまま4つ割りにする。
  • 13
    にんじんは皮をむき、3~4cm幅の輪切りにする。
  • 14
    かぶは茎を落とし、皮付きのままよく洗い、半分に切る。
  • 15
    フィリングを鶏の腹の中に隙間なくたっぷりと詰めて竹串でとめ、足をタコ糸でしばる(入らなかったフィリングはチキンと一緒に温めて食べる)。
  • 16
    天板にクッキングペーパーとアルミホイルを敷いた上に網をのせて鶏を置き、全体にオリーブ油大さじ3をかけ、ローズマリー、タイムをのせてじゃがいも、にんじんをまわりに並べ、250℃のオーブンで30~40分焼く。
  • 17
    230℃に温度を下げ、玉ねぎ、かぶを加えてさらに50~60分焼き、鶏の表面がこんがりと色づいて焼き上がったら取り出す(鶏の大きさで焼き時間は調整する)。
  • 18
    グレイビーソースを作る。[17]の天板に出てきた焼き汁を取り出す。
  • 19
    小鍋に白ワインを入れて1~2分煮立ててアルコールを飛ばし、焼き汁を加えて煮立たせ、塩、こしょうで調味する。水溶きコーンスターチでとろみをつける。※鶏肉によって出てくる焼き汁の量が変わってくるので、調整する。
  • 20
    クランベリーソース缶は小鍋に出し、火にかけて泡立て器でくずしながら混ぜ、なめらかなソース状にする。
  • 21
    ローストチキンは食べやすく切り分け、フィリング、野菜と盛り合わせて器に盛り、好みのソースでいただく。