• LINE
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • 栗原はるみ情報
  • 栗原心平情報

なすと豚肉のテンメンジャン炒め

9
これさえあれば、夕ごはんは大丈夫、というおかずを知っていると心強いものです。これだけで、ごはんが何杯でも食べられます。
大皿にどーんと盛りつけて。
関連キーワード
夏野菜
レシピカテゴリ
豚肉
料理種類
たれ・ドレッシング
食材
旬野菜(春・夏)
なす
にんにく
豚肉

材料(4人分)

  • なす…8~9本(800g)
  • 豚肩ロース薄切り肉…200g
  • にんにくのみじん切り…大さじ1
  • しょうがのみじん切り…大さじ1
  • 長ねぎのみじん切り…大さじ3
  • 紹興酒…大さじ1

  • [A]
  • 手作りテンメンジャン(下記)…大さじ6
  • ※市販のテンメンジャンの場合は、大さじ4~6を目安に加減する。
  • しょうゆ…大さじ1
  • 湯…1/4カップ

  • 赤とうがらし(種を除く)…3~5本
  • 花椒(すりつぶす)…適量

  • 揚げ油…適量
  • サラダ油…適量

  • 雑穀ごはん…適量
  • 好みの漬けもの…適量

  • [手作りテンメンジャン](でき上がり1と1/2カップ分)
  • 八丁みそ…200g
  • 酒…1カップ
  • 砂糖…100~120g
  • 紹興酒…大さじ1
  • しょうゆ…小さじ1

作り方

  • 1
    手作りテンメンジャンを作る。八丁みそは常温に戻してやわらかくしておく。鍋に八丁みそと酒を入れて火にかける。ふつふつとしてきたら弱火にして木べらでほぐすようにし、砂糖を加える。みそを溶かしながら混ぜ、約20分煮詰める。火を止め、紹興酒としょうゆを加え混ぜる。
  • 2
    にんにく、しょうが、長ねぎは細かいみじん切りにする。
  • 3
    豚肉は大きい場合は半分に切る。
  • 4
    ボウルに[A]を混ぜ合わせておく。
  • 5
    なすはへたを落としてピーラーで縞目に皮をむき、3~4cm幅の輪切りにする。水にさらしてアクを取り、ざるに上げて水気をよく拭く。熱した揚げ油で素揚げし、中までやわらかくなったら網に上げて油をよくきる。
  • 6
    フライパンにサラダ油を熱し、②を炒めて香りが出たら豚肉を加え、広げて炒める。豚肉に火が通ったら紹興酒を振り入れ、⑤のなすと④を加え、全体にからめる。煮汁に少しとろみがついたら火を止め、赤とうがらし、花椒を加え混ぜる。
  • 7
    器に盛り、好みでさらに花椒を振り、雑穀ごはん、漬けものを添える。