• LINE
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • 栗原はるみ情報
  • 栗原心平情報

カポナータ

9
夏野菜のおいしさがぎゅっと濃くなるカポナータは、温かくても冷たくてもおいしい一品。
前菜はもちろん、メイン料理のつけ合わせにも便利です。
関連キーワード
夏野菜
イタリアン
前菜
作り置き
レシピカテゴリ
旬野菜
食材
定番野菜
にんじん
玉ねぎ
旬野菜(春・夏)
ズッキーニ
トマト
なす
パプリカ
セロリ
香味野菜
にんにく
バジル

材料(作りやすい分量)

  • 玉ねぎ…1/2個(100g)
  • にんじん…1/2本(100g)
  • セロリ…80g
  • なす…2本
  • ズッキーニ…1本
  • パプリカ(赤・黄)…各1/2個
  • にんにく…1片
  • オリーブ油…適量

  • トマトホール缶…1缶(400g)
  • または、トマトソース(下記)…1~2カップ

  • ハーブ(バジル、イタリアンパセリ、タイム、ローズマリー)…各1~2本
  • 塩…少々
  • 砂糖…少々
  • 揚げ油…適量
  • バルサミコ酢・レモン…各適宜

  • [トマトソース](作りやすい分量)
  • トマト…1.2kg
  • 玉ねぎ…1個(200g)
  • にんにく…1片
  • オリーブ油…大さじ3
  • 白ワイン…1/4カップ
  • ナンプラー…大さじ1
  • 砂糖…小さじ2
  • 塩…少々

作り方

  • 1
    トマトホール缶は鍋に入れて火にかけ、煮立ったら弱火にして約10分、トマトをつぶしながら約2/3量になるまで煮詰めて火を止める(270ml目安)。トマトソースを作る場合は、下記を参照。
  • 2
    玉ねぎは2cm角に切る。にんじんは1cm角に切る。セロリは筋を取り、1.5cm角に切る。
  • 3
    なすは2cm大のいちょう切りにし、軽く塩を振ってしばらくおき、出てきた水気をペーパータオルで拭いてアクを取る。
  • 4
    ズッキーニは2cm大のいちょう切りにする。パプリカは種を取り除き、2cm角に切る。にんにくはたたいてつぶす。
  • 5
    揚げ油を熱し、パプリカ、なす、ズッキーニをそれそれ順に素揚げし、油をよくきる。
  • 6
    厚手鍋にオリーブ油少々とにんにくを入れて熱し、香りが出たら玉ねぎ、にんじん、セロリを加え、塩少々を振って蓋をする。弱火で8~10分、そのままあまりいじらずにおき、野菜の水分が出てきたら蓋をはずし、こんがりと焼き色がつくくらいまで炒める。
  • 7
    ⑥に⑤を加えて混ぜ、①(もしくは下記)のトマトソースを加える。
  • 8
    好みのハーブを加えて5~10分煮る。
  • 9
    全体になじんだら塩、砂糖で味を調える。器に盛り、好みでバルサミコ酢やレモンをかけていただく。
【トマトソース】の作り方
①トマトは洗ってへたを取り、2cm角に切る。
②玉ねぎ、にんにくはみじん切りにする。
③鍋にオリーブ油を熱してにんにくを入れ、香りが出たら玉ねぎを入れて炒める。しんなりとしてきたらトマトを加え、白ワインをまわし入れ、煮立ってアルコールが飛んだらナンプラー、砂糖を加えて混ぜる。
④弱火にし、ときどき混ぜながら約40分煮詰め、少しとろみがついたら塩で味を調え、火を止める。