• LINE
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • 栗原はるみ情報
  • 栗原心平情報

親子丼

15
卵は2回に分けて入れ、蓋をして蒸らすことで、とろっと仕上げる親子丼。
スムーズに作れるようになれば、早く手軽にできる、忙しいときに助かる料理です。
関連キーワード
手軽
レシピカテゴリ
どんぶりもの
料理種類
卵料理
ごはんもの
どんぶりもの/丼もの
食材
定番野菜
玉ねぎ
鶏肉

材料(2人分)

  • 鶏もも肉…小1枚(200g)
  • 玉ねぎ…1/2個(100g)
  • 卵…4個
  • だし汁…1/2カップ

  • [A]
  • しょうゆ…大さじ3
  • 砂糖…大さじ2
  • みりん…大さじ2

  • ごはん…適量
  • 好みの漬けもの…適宜

作り方

  • 1
    玉ねぎは5~6mm幅の薄切りにする。
  • 2
    鶏肉は余分な脂を取り除き、3cm大に切る。
  • 3
    だし汁に[A]の調味料を加え、砂糖が~溶けるまで混ぜ合わせる。
  • 4
    それぞれの具を半量に分け、1人分ずつ作る。卵は2個ずつボウルに割り入れ、溶きほぐす。
  • 5
    浅い小鍋に③のたれの半量を入れて火にかけたら中火で煮立て、鶏肉を加える。再び煮立ったら玉ねぎを加えて蓋をし、弱めの中火で鶏肉に火が通るまで1~2分煮る。
    ポイント
    鶏肉を入れるタイミングは、たれがぐつぐつと煮立ってから。ぬるい状態で入れると、肉のにおいが煮汁にうつってしまいます。玉ねぎはシャキシャキした食感を楽しみたいなら鶏肉のあとに、先に入れればとろとろに。
  • 6
    蓋をはずして中火にし、煮立ったところに溶き卵の2/3量を流し入れる。半熟状くらいに煮えたら鍋の縁から残りの溶き卵を流し入れ、少し煮て火を止め、蓋をして好みの加減になるまで蒸らす。
    ポイント
    残りの卵を加える際、先に火が通ってしまう鍋の縁から流し入れると卵全体に均等に火が通る。
    241677
  • 7
    器に温かいごはんを盛り、⑥をごはんの上にすべらせるようにしてのせ、好みで漬けものを添える。もう一つも同様に作る。

栗原はるみ

雑誌『栗原はるみ』
全国の書店・ネット書店で発売中!

栗原はるみのパーソナルマガジン『栗原はるみ』(講談社)では、このほか、たくさんのレシピをご紹介しています。ぜひ本誌とあわせてご覧ください。

雑誌『栗原はるみ』はこちら>>

このレシピで使用している商品