HOME > おいしいはなし。シフォンケーキ<復刻版>

「家族においしいものを作りたい」そんな思いから、工夫を重ねて生まれた栗原はるみの家庭の味。定番のレシピが生まれた背景には、さまざまなエピソードがありました。

シフォンケーキ

「当時、まだ日本では珍しかったシフォンケーキ。ドイツの友人に教わって、初めて作った時の感動は今も忘れることはありません。焼き上がりのなんてふわふわなこと! 口に入れたらとけるように軽くて、そのおいしさにもう夢中に…。特注で作ってもらった専用の型で、毎日のように焼いては、家族に、友人に、そして仕事場にも。ちょうど、仕事を始めたばかりの頃、差し入れするとスタッフも大喜び。」以来、仕事始めのケーキは、栗原はるみのすてきな習慣になりました。今でも誰よりも上手に焼けるようになりたいと、泡立てる手を休めることはありません。

どんな小さなことでも回を重ねるほどに上達する。自信が持てる。「継続は力なり」を教えてくれた、栗原はるみのお菓子の原点です。

>栗原はるみの「シフォンケーキ」レシピはこちら


お買いもの