HOME > うまみを引き出す「うまみ鍋」

うまみを引き出す「うまみ鍋」

うまみを引き出す「うまみ鍋」

寒い季節にうれしい、あったかごはん。スープや炊き込みごはんなどを作るときに、あると便利なのが、この「うまみ鍋」。鋳物(いもの)ホーロー鍋のように見えて、実は軽くて扱いやすく、さらに食材のうまみを引き出すこだわりが詰まったアイテムです。あつあつ鍋や煮込み料理がもっとおいしく、楽しくなる「うまみ鍋」のこだわりや調理法などをご紹介します。素材本来のうまみを感じながら、秋の味覚を堪能しましょう。

うまみ鍋とは

うまみ鍋とは

名前の通り、うまみをしっかりと引き出す両手鍋。密閉ができて無水調理が可能で、素材本来のうまみがたっぷり含まれた水分を引き出します。フッ素加工で焦げ付きにくく、炒めてから煮る料理にも最適。3,300mlと大容量にも関わらず、重さが1,515gと軽くて扱いやすく、毎日気軽に使える両手鍋です。

5つのこだわり

ゆとりの空間のうまみ鍋は、蒸気口を付けることで通常の煮込みにも対応。さらに、軽くて扱いやすい、焦げ付きにくいなど、調理するうえで、うれしいポイントをご紹介します。

蒸気口をふさいで密閉し、食材のうまみを引き出す

1. 蒸気口をふさいで密閉し、食材のうまみを引き出す

蓋と側面につけた蒸気口。この蒸気口を付けたことで、蓋の位置をずらせば口が閉まり、無水調理ができる仕様にしました。密閉することで、素材に含まれる水分を引き出せるので、新たに水やだしを加えなくても調理でき、素材のうまみをしっかり引き出せます。

うまみを逃さない、蓋裏の凸凹

2. うまみを逃さない、蓋裏の凸凹

蓋裏にある凸凹の突起。この形状により、素材から出た水分を鍋の中に戻すことができます。素材から出た水分はうまみの宝庫。そのうまみが溶け出すことで、より深い味わいに。

軽くて扱いやすい

3. 軽くて扱いやすい

素材はアルミ合金を使用。一般的な鋳物ホーロー鍋に比べて、重さが約1/3と、とても軽く、扱いやすいので、重くて鍋が扱いづらいと感じていた方にもおすすめです。

フッ素加工で焦げ付きにくい

4. フッ素加工で焦げ付きにくい

炒めもので感じる、鍋の焦げ付きやすさ。この鍋はゆとりの空間のフライパン同様、フッ素加工を施しているので、焦げ付きにくく、炒めものにも対応します。

ガス火・IHどちらにも対応、ギフトにもおすすめ

5. ガス火・IHどちらにも対応、ギフトにもおすすめ

IH対応で、コンロの熱源を選ばないのも、うれしいポイント。急な引っ越しで熱源が変わっても心配いりません。結婚祝いや新築祝いなどのギフトにも、安心して贈ることができます。

調理法いろいろ

蒸し煮や炒める、煮込む、炊くなど、さまざまな調理法が楽しめるうまみ鍋。肉じゃがやラタトゥイユ、シチュー、炊き込みごはんなどなど、いろいろな料理で活躍します。商品をお届けする際には、おすすめのレシピを掲載したレシピカードも一緒にお届け。ぜひ、いろいろな料理で使い心地をお試しください。

調理法いろいろ

1. 蒸し煮

最小限の調味液や水分を加えて加熱することで、素材に含まれる水分が引き出せます。

2. 煮込み

熱伝導がよく、蒸気口を調節することで気密性が上がるので、煮込みながらおいしさを引き出す料理に使いやすいです。

3. 炒める

内側はフッ素加工なので焦げ付きにくく、深さがあるので、炒めてから煮る料理でも安心して使えます。

4. 炊く

1~5合まで、たっぷり炊飯が可能。内側には水分量の目盛りが入っているので便利です。

5. ゆでる

両手鍋として、野菜をゆでるときに。たっぷりとゆでられるので、長さのある葉物野菜をゆでるときにおすすめ。

6. 揚げる

ガス火であれば、揚げものも可能。深さがあるので、油はねも軽減します。
(※IHは不可。詳しくは取り扱い説明書をご参照ください。)

TOPへ戻る

うまみ鍋と鍋つかみのセットうまみ鍋と鍋つかみのセット

うまみ鍋と合わせて使える、鍋つかみのセットをご用意しました。
ぜひ毎日の料理にお役立てください。数量限定のため、なくなり次第終了となります。

TOPへ戻る

お買いもの