HOME >栗原はるみのトマトソース

栗原はるみの焼きプリン

栗原はるみの焼きプリン

大きく熟したフレッシュなトマトだけで作る、栗原はるみ自慢のトマトソースは、トマトのうまみと香りがギュッと詰まった、素朴でみずみずしい味わいです。ほかになにも入れないからこそ使い道はいろいろ。ビンに詰めて保存すれば、一年中いつでも楽しめる、とびきりおいしいトマトソースを大鍋いっぱいに作りましょう。

©【竹内章雄】扶桑社 haru_mi 2018年夏号

材料

(約5カップ分)

トマト…3kg
(桃太郎・イタリアントマトなど)

トマトソースの道具

  • 包丁
  • 大きな鍋
  • 保存用のビン
  • まな板
  • おたま

作り方

  • トマトは洗って水気をよくきり、へたを取って6~8等分に切る。(a・b)
  • 鍋に入れて火にかけ、混ぜながらトマト全体が温まったら蓋をして約10分、ときどき混ぜながら蒸し煮にする。

  • トマトの水分が出てきたら蓋をはずし、弱めの中火で、途中アクを取りながら混ぜて水分を飛ばす(c)。約1時間~1時間30分煮詰める(d)。

  • 大きな鍋にビンがかぶるまで水を入れて火にかけ、沸騰したら約5分煮沸消毒する(蓋も同時に煮沸し、ゴムパッキンなどがついているものは時間を短くする)。
  • トングなどでビンを取り出し、清潔なふきんやペーパータオルの上に逆さにして置き、自然乾燥させる(e)。ビンが冷めないうちに熱い③のトマトソースを入れる(f)。ビンの90%くらい詰めて軽く蓋を閉める。

  • ⑤のビンを大きな鍋に入れ、ビンの上部が5cmくらいが出るところまで水を注いで火にかけ、温まったら約30分加熱してビンの中の空気を脱気する(g)。空気が出きったら火を止めてビンを取り出し、しっかり蓋を閉める。 そのまま冷まし、常温で保存する。
    ※保存用ポリ袋に入れて冷凍保存してもよい。

アレンジ

©【竹内章雄】扶桑社 haru_mi 2018年夏号

ポークソテーのトマトソース

厚切りのポークソテーにトマトソースをたっぷりかけて、バジルを山盛りに。強い香りのバジルとトマトソースを混ぜながらいただきます。

©【竹内章雄】扶桑社 haru_mi 2018年夏号

スパゲッティボンゴレ

アサリのだしとトマトソースのうまみが重なり合ったパスタに。ゆでたてのパスタを加えてスープをよく吸わせるようにからめるのがコツ。

©【竹内章雄】扶桑社 haru_mi 2018年夏号

4種のピザトースト

トマトソースのおいしさを味わってほしいから、あえてチーズはのせません。たっぷりソースに、ベーコンやピーマンなど好きな具をのせて、気楽にどうぞ。

©【竹内章雄】扶桑社 haru_mi 2018年夏号

トマトそうめん

トマトソースとトマトを合わせてのせると、味がからみやすくなってツルツルッといくらでもいただけます。

パスタはもちろん、ソテーした肉や魚にこのトマトソースをたっぷりかけるだけでごちそうに。ほかにも、シンプルに冷ややっこにかけて白ワインと一緒に楽しんだり、カニクリームコロッケ夏野菜のフリット、カツレツなどに添えれば、油っこいフライなどもさっぱりといただけます。このおいしいトマトソースで、今日のごはんはなにを作ろうかな!と楽しんで。

お買いもの